アールグレイとダージリンどっちがおすすめ? 好みの紅茶を選ぼう!!

食生活

最近ホテルでのアフタヌーンティーが人気ですよね! 「ヌン活」という言葉もあり、高級なイメージがあった紅茶が身近な存在になりました。

私も人気のアールグレイに挑戦しようとしたらダージリンもありました。その時、アールグレイとダージリンってどっちが美味しいんだろう? と素朴な疑問を持ちました。

元々紅茶は種類が豊富でいまひとつ違いが分かりませんよね。

そもそも、アールグレイはフレーバーティー、ダージリンは茶葉という違いがあります!

それぞれが持つ成分により効能が違っているのも魅力です!

今回は人気の高いアールグレイとダージリン、2つの違いやどっちがおすすめなのか、どっちの効能があなたに合いそうなのか紹介していきますね。

さらに、それぞれの美味しい飲み方もご紹介しますので、楽しみにお読みください♪

アールグレイとダージリンどっちがおすすめ?

自分に合う紅茶や好きな紅茶はアールグレイとダージリンのどっちなのか?

「え? 2つは一緒じゃないの?」と思ったそこのあなた!2つは全然違いますよ!

最初に2つの紅茶の主な特徴について簡単に紹介します。

アールグレイはベルガモット由来のフレーバーティー

アールグレイはフレーバーティー(茶葉に香りをつけたもの)の一種で、茶葉にベルガモットという柑橘系のフルーツ由来のオイルで香りをつけたもの。

主に中国のキーマン茶が使用されており、そのほかにダージリンやルイボスティーなど様々な茶葉で香りづけされていることが多いです。

柑橘系でも香りは強くなく、ベルガモット特有の甘さも合わさったとても爽やかな風味が特徴です。

私もアールグレイを飲んだことがあります! 味はベルガモット特有のフルーティーな味と紅茶ならではの苦みを同時に楽しむことができ、ストレートでも飲みやすいと感じました。

また、アールグレイは歴史的なお茶で諸説ありますが、1830年代のイギリスのチャールズ・グレイ首相に由来するという説が有名です。

首相が中国の龍眼(りゅうがん。中国や東南アジアで栽培されているライチのような果実)の木材で燻(いぶ)した紅茶を気に入り、イギリスで再現したことが始まりと言われています。

ちなみにアール(Earl)は「伯爵」という意味です。

ダージリンは茶葉の名前で世界3大紅茶のひとつ

ダージリンはフレーバーティーではなく、インドのダージリン地方で収穫されている茶葉の名前です。

また、世界三大紅茶としても知られ、別名「紅茶のシャンパン」とも言われています。

さらに、ダージリンには年に3回の収穫時期があり、それぞれ茶葉の名称も違います。

  • 3月から4月頃に収穫される「ファーストフラッシュ」…1番茶のため若々しい茶葉で、ほどよい渋みが特徴
  • 6月から7月頃に収穫される「セカンドフラッシュ」…ファーストフラッシュよりも渋く、マスカットのような香りが特徴
  • 10月から11月頃に収穫される「オータムナル」…3つの中で1番渋みが強いため、濃厚な味わいが楽しめます

それぞれの時期と環境下で生まれた香りや味を楽しむことができます。

以上がアールグレイとダージリンについてです。どうですか? 全然違ったでしょ?

次はさらに2つの紅茶の効能について紹介します。どっちの効能があなた向きでしょうね?

これを読めばきっとあなたに合う紅茶や好きな紅茶はどっちなのか決められると思いますよ♪

アールグレイとダージリンの違いは効能にもあり

2つの違いは分かりましたか? 続いては、2つの効能について紹介します。

あなたに合う紅茶や好きな紅茶はアールグレイ、ダージリン、一体どっちでしょうね?

アールグレイに含まれるベルガモットの効能とは

なんと、アールグレイに含まれているベルガモットにはのどの痛みの緩和や口内炎の改善、さらに心臓病の予防効果があります。

また、ベルガモットにはリラックス効果もあるのだとか!詳しく見てみましょう!

<のどの痛みの緩和や口内炎の改善>

ベルガモットは元々うがい薬や口内炎の治療薬として重宝されてきたためです。

<心臓病の予防効果>

研究結果で、ベルガモットに含まれるヒドロキシメチルグルタリルフラバノンと呼ばれる酵素が心臓病に有効であると報告されています。

健康について見直したいあなたにいかがでしょうか?

<リラックス効果>

ベルガモットはアロマオイルなどにも使われていて、その中の酢酸リナリルにはストレスや緊張を緩和させる効能があります。

近頃、気持ちの調子が悪いあなたや仕事や勉強に一息つきたいあなたにおすすめです!

ただし、ベルガモットは柑橘系の香りなので、柑橘系が苦手という場合には逆にストレスになりますね。柑橘系が苦手なあなたにはおすすめできせん。

ダージリンにも紅茶本来の効能がたくさんある!

ダージリンにもアールグレイと同様にリラックス効果があるほか、風邪予防や虫歯予防、さらに女性には嬉しいダイエット効果もあります!それでは見ていきましょう!

<風邪予防>

ダージリンには他の紅茶と同様に殺菌作用があるカテキンが含まれています。また、テアフラビン、テアルビジンといったウィルス感染を防ぐポリフェノールも含まれています。

最近、風邪気味かな? と思っているあなたや事前に風邪などを予防したいあなたにおすすめです!

<虫歯予防>

ダージリンにはなんと、歯磨き粉にも使われているフッ素が含まれています。さらに口臭予防にも効果があります。

虫歯になりやすい方や毎日忙しくて歯磨きに時間をかけられないあなたにいかがでしょうか?

<ダイエット効果>

今ダイエットしているけどなかなか効果が出ない、最近太り気味かなと思ったあなたに必見!

ダージリンには肥満を抑えるポリフェノールが含まれていて、ストレートで飲むと 100 ml でたったの 1 カロリーなんです!

アールグレイとダージリン、効能には違いがあることがわかりましたね。

アールグレイは紅茶に共通する効能以外に、ベルガモットの効能がプラスされるのが違いということです。

どちらにしても、紅茶には体にいい効能があることがわかりましたね。

その時の気分によって、柑橘系の香りで癒やされたいならアールグレイ、すっきりしたいならダージリンと飲み分けるのが良さそうです。

アールグレイとダージリンの美味しい飲み方をご紹介

ここまでで、すぐにでも紅茶を飲みたくなってきたのではないでしょうか?

お待たせしました! 今回は、ティーバッグとリーフティーに焦点を当てて、アールグレイとダージリンのおいしい飲み方について紹介します。

アールグレイの美味しい飲み方ティーバッグ編

1.あらかじめカップを温めるのがおすすめ!

紅茶をおいしく飲むには温度を落とさないのが1番のポイント!

お湯の量はカップの約5分の1から約4分の1を目安にしてください。

2.温めたカップにティーバッグを入れて、沸騰したお湯を優しく注ぎます。

温めておいたお湯は捨てて、100℃ のお湯を入れます。

1杯分の湯量は、150ml〜160mlを目安にしてください。

3.カップに蓋をして3分から5分蒸らす。

蓋をするのは、温度を下げないため!蓋がない場合は、アルミホイルやラップなどで問題ないです。

4.ティーバッグを取り出す。

その時は絞らず、ティーバッグを2、3回揺らしてから取り出します。

絞ってしまうと、渋みがきつくなるので注意しましょう。

アールグレイの美味しい飲み方リーフティー編

1.あらかじめポットとカップは温めておく。

こちらもティーバックで飲む場合と同様、温度が大事です。

2.人数分の茶葉を入れる

すりきり基準ですが、香りを楽しみたい時や軽く楽しみたい場合など、自分好みの量を入れましょう。

3.沸騰したてのお湯を入れる

10円玉ぐらいの泡が出ているお湯を使うのがおすすめ!

紅茶のおいしさの成分を出すためには90℃以上のお湯が必要です。

また、1杯分は、150ml〜160ml の湯量が目安です。

4.2~5分蒸らす

細かい茶葉では、2分半〜3分。大きめの茶葉は、3〜4分が目安です。

5.茶こしでこしながら、カップに注ぐ

この時の注意点は、最後の1滴まで注ぐこと!なぜなら、最後の1滴にはその茶葉のおいしさがつまっているのです!

また、アイスティーで飲む際のコツとしては、軟水を使うこと! 日本の水道水は主に軟水が使われているため、そのまま気軽に楽しむことができます

ダージリンの美味しい飲み方ティーバッグ編

基本的にアールグレイの時と同様の手順になります。

ですが、ダージリンの場合は蒸らす際の時間にコツがあります!

  • 3分の場合:香りや甘味を感じたい時
  • 4分の場合:香りとコクのバランスを整えたい時
  • 5分の場合:しっかりとしたコク、渋みを味わいたい場合

ダージリンの美味しい飲み方リーフィティー編

こちらもアールグレイと基本同様の手順ですが、リーフティーで楽しむ場合は、3分を目安に蒸らしてみてください。

茶葉の大きさにも色々な大きさがあるので、大きい茶葉の場合は少し時間を長めに蒸らすとよいでしょう。

アールグレイとダージリンはミルクティーもおすすめ

アールグレイに含まれるベルガモットはミルクとも相性が良いためミルクティーとして飲むのもおすすめです。

また、ダージリンも、コクをまろやかに楽しみたい場合はミルクティーで飲むのもおすすめなんですよ。

そして、ダージリンはレモンとは相性が悪いためレモンティーで飲むことはあまりおすすめしません。

ダージリンは収穫時期によって茶葉の種類が変わるためそれぞれにあった飲み方もできます。

収穫時期の違うダージリンを入れて、味の違いを比べて楽しむのも良さそうですね♪

まとめ

  • アールグレイとダージリンの違いは、アールグレイがフレーバーティーでダージリンは茶葉の名前
  • アールグレイはベルガモット特有の甘さも合わさった爽やかな風味、ダージリンは「紅茶のシャンパン」とも言われ採れる時期によっても風味の違いが楽しめる
  • アールグレイには、のどの痛みの緩和や口内炎の改善、心臓病の予防効果、リラックス効果がある
  • ダージリンには、風邪予防や虫歯予防、ダイエット効果がある
  • 柑橘系の香りで癒やされたいならアールグレイ、すっきりしたいならダージリンと飲み分けるとよい
  • アールグレイとダージリンの美味しい飲み方のポイントは事前にカップを温めておくこと
  • ダージリンの蒸らし時間は甘味や香りを楽しみたい時は3分、香りとコクのバランスを整えたい時は4分、しっかりとしたコク、渋みを味わいたい時は5分がよい

アールグレイとダージリンどっちがおすすめかについて紹介してきました。

それぞれの効能を読んで、どっちがあなたに合うのか見えてきたのではないでしょうか?

2つは手軽に購入できますのでぜひ、どっちも試してみてくださいね♪

 
 

 

タイトルとURLをコピーしました