アイロンがけはマークの確認が必須!大切な洋服を長持ちさせよう!

住まい・生活

お気に入りの洋服をシワのない状態で着ると気持ちがいいですよね。しかし、毎回クリーニングに出すのは費用がかかってしまうため、アイロンがけを行うことが多いと思います。

アイロンをかける前に、アイロンマークを確認してからアイロンがけを行いますよね。

実はそのアイロンマーク、国際規格に合わせたマークが2016年より採用されているのをご存じですか?

これは日本語だけでなく、英語などの言語はほぼ使われていないのが特徴です。

見方がわからないとどうしていいかわからないですよね。

実は、アイロンマークの中にある黒い点の数でアイロンの温度の高低を表しています。

この記事でマークの見方や具体例をご紹介します♪

アイロンがけで確認すべきマークの変更点

2016年12月から、国際規格にあわせてアイロンマークが変更になりました。

言葉を使った説明がマークから消え、代わりに黒い点で温度の強弱を表してます。

アイロンがけをする前にどのアイロンマークがタグに描かれているかを確認しましょう。

次の項目でそのマークの比較した表を作成してみました。

日本語表記が含まれるアイロンマークと比較してみてください。単純化されているので、私は初めてみた時びっくりしました。

アイロンがけで気をつけるべきマークは文字表記無し

旧表示のアイロンマークは、アイロンの中に漢字で温度の度合いが書かれていますね。

それに対し、新表示のアイロンマークは、アイロンの中に黒い点(・)で温度の度合いを表しています。

その黒い点が1つの時は低い温度でアイロンがけ、2つの時は中くらいの温度でアイロンがけ、3つの時は高温度でアイロンがけ、を表しています。

温度の程度を黒い点で表すことで、言語によらずどんな人でも理解できるという意図があるそうです。

これだと、外国製の服のお手入れもしやすいので、気軽に購入がしやすくなりますね

アイロンがけの温度設定の意味を確認しよう

アイロンマークの温度設定の見方がわかったところで、次にその温度設定の意味について説明します。旧表示と新表示で意味が若干異なるため、ぜひ一緒に確認しましょう。

また、マークが洗濯で消えてしまって見れないということもあると思います。

代表的な繊維名も例示していますので、併せてみてください。

ちなみに、どのメーカーのアイロンも設定温度は同じです

アイロンマークに表示されている温度設定をきっちりしておけば、失敗するリスクは一気に減りますよ

アイロンがけを低温でする場合はスチーム無しでOK

低温度でアイロンがけをする場合、新表示マークが表しているのは、底面温度を最高で110℃にし、スチームなしでアイロン仕上げをすることができる、という意味です。

それに対し、旧表示の場合、120℃を限度とし、低い温度(80〜120℃)でかけるのが良い、という意味です。

熱をかけすぎると溶けてしまうような化学繊維や、天然動物繊維であるシルクが洋服で使われている場合についていることの多いマークというところです。

デリケートな素材、または比較的高温をかけなくてもシワが伸びやすい素材によく使用されています。

低温なので、アイロンをかけてもシワが取りきれていないように見えるかもしれません。

しかし、ここで温度を上げてアイロンがけをしてしまうと生地が傷んで失敗してしまいます。

低温でアイロンがけを行ったら、多少シワが残っていてもハンガーにかけると時間と共にシワが取れることが多いですので、ぜひ試してみてください。

例えば、光沢のあるブラウスやシャツにはシルクが使われていることが多いですが、アイロンの温度は絶対に低温にしたほうがいいです。

というのも、私は早くシワを伸ばしたいからという理由でスチームありの中温でしたことがあります。

そうしたら、シワは伸ばせましたがスチームの水滴の跡がうっすらとブラウスに残ってしまいまして。

その時は理由はわからなかったのですが、後々調べてみると、シルクは水分に弱く、シミができやすい素材だったみたいです。

高級素材で作られている洋服は特に、アイロンの温度設定をちゃんと知っておくべきだとしみじみ思いました。

アイロンがけを中程度の温度でする場合

中温度でアイロンがけをする場合、新表示マークが表しているのは、底面温度を150℃を限度としてアイロン仕上げができる、という意味です

それに対し、旧表示の場合、160℃を限度とし、中程度(140〜160℃)の温度でアイロンをかけるのが良い、という意味です。

このマークはウールやカシミヤ、ポリエステルやフリース、比較的熱に強いレーヨンやアセテートが使われた洋服についていることが多いです。

特に、ウールでできていることの多いスーツのアイロン表示に多いです。

在宅勤務が増えてスーツを着る機会が減ったと言われています。しかし、営業や会議など、重要な場面でスーツを着る機会はまだまだありますよね。

シワのないスーツを着ると気持ちが引き締まるので、やはりアイロンがけは行いたいところです。

私が高校生だった時、高校の制服のアイロンがけの際に温度設定が中の指示だったのに無視して高温度でアイロンをかけたことがあります。

言わずもがなですが、アイロンをあてたところがピカピカに光ってしまいまして。ちょうどその部分がお尻の部分だったので余計に恥ずかしかったのを覚えています。

ウールが多く含まれていると特にシワが伸ばしにくいですが、失敗しないためにも指示内容は守るべきだ、と身をもってその時知りました。

アイロンがけを高温でする場合は霧吹きが効果的

高温度でアイロンがけをする場合、新表示マークが表しているのは、底面温度を200℃を限度としてアイロン仕上げができる、という意味です

それに対し、旧表示の場合、210℃を限度とし、高程度(180〜210℃)の温度でアイロンをかけるのが良い、という意味です。

綿や麻など、熱に強くシワが伸ばしづらい素材は、高温にすることで繊維を膨らましたり、柔らかくすることができるので、シワを伸ばせます。

高温度でアイロンがけをするだけでも効果はあります。もっと効果を出したい場合、霧吹きをすることで繊維の奥から水分が蒸発し、シワが伸びやすくなります。

しかし、いくらアイロンマークが高温と表記されていても、大切なハンカチだから失敗したくない、と不安になる場合もありますよね。

その場合は、中くらいの温度からスタートしてもらっても大丈夫です!かける洋服の状態を見ながら温度調整してくださいね。

アイロンがけ不可マークがついていたらスチームを活用

アイロンがけ不可マークがありまして、それはアイロンマークに大きくバツ(×)を描いていたり、温度を表す黒い点(・)が表記されていないものです。

しかし、アイロン不可マークがついている洋服のシワを取りたい場面がありますよね。

その場合、あなたが使っているアイロンがスチームアイロンだった場合、シワを取ることができます!

もちろん、直接布に当ててアイロンがけをしてはいけません。この場合、当て布もやってはいけません。

アイロン不可マークがついている洋服の場合、スチームのみを当てる浮かし掛けという方法で間接的にアイロンがけができます。

例えば、起毛製品などはスチームを当ててその後にブラッシングをすることで毛並みを整えることができます。

ただ、自宅でのアイロンがけが難しい場合は、無理せずにプロのクリーニング店に依頼しましょう。

せっかくの洋服が無理して台無しになってしまうと、非常にもったいなく、悲しい気持ちになってしまいますからね。

アイロンがけはマークだけでなく言葉でも指示がある

実は、アイロンがけにはマークだけでは表せないかけ方があります。

その場合、付記用語として必ず洗濯表記に書かれていますので、確認をしてください。

付記用語ですが、例えば以下のようなものがあります。

  • アイロンがけをしないでください
  • あて布をしてアイロンをおかけください
  • プリント部分のアイロンはお避けください
  • スチームアイロンを使用しないでください
  • スチームアイロンを浮かしながら整形してください
  • カップにアイロンをあてないでください
  • チャーリング部分にはアイロンをあてないでください
  • アイロンは裏側からあててください

洋服の素材や造形は無限大なので、この付記用語も様々です。

アイロンの熱に弱い素材に対しての記述が多いので、必ず確認してからアイロンがけをしてくださいね。

ネット通販などの普及で、現在はより簡単に外国の服を手に入れることができるようになりました。

よく使われる付記用語で英語で書かれているものを紹介します。参考にしてみてください。

  • Do not iron(アイロン不可)
  • Do not steam(スチーム不可)
  • Steam only(浮かし掛けのみ。直接アイロンをあてては NG)
  • Use press cloth(当て布を使用)
  • Iron on reverse side only(裏側からアイロン、またはプレスしてください)

もしわからない内容が書かれていたら、それは付記用語の可能性がありますので、調べてからアイロンがけを行なってくださいね。

アイロンがけの当て布マークが無くなりました

上のマークを見たことはありますか?これは旧表示のアイロンマークの一種で、当て布をしてアイロンをかける、ということを表していました。

実は、この当て布マーク、新表示では不採用になってしまい、当て布を指示するマークが消滅してしまっています

え、当て布しなくていいの?と不安に思ってしまいますよね。もちろん、当て布が必要なものはこれまで通り当て布をする必要があります。

新表示の規格では、当て布を指示をする場合は付記用語として、アイロンマークの下に文字で表記されるようになりました。

  • 当て布をしてください(Use press cloth)
  • 乾いた当て布をしてください(Use press cloth, dry)
  • 湿った当て布をしてください(Use press cloth, damp)

どうして当て布専用のマークがなくなってしまったのでしょうか?

この理由は定かではありませんが、当て布でのアイロンがけをしなければならない生地が昔よりも相対的に減ったからかな、と私は予想しています。

アイロンがけで当て布指示があったら遵守しよう

化学繊維では再現することのできない手触りや吸水性などが天然素材にはあり、完全に天然素材が扱われなくなるということはないです。

そのため、アイロンマークの下に当て布するように指示があったら必ず守ってください。

なぜ当て布をしてアイロンがけをすべきかというと、生地のテカリを防止したり熱で生地が傷むのを防止したりする役割があるからです。

ウールやカシミヤといった天然の動物繊維に直接アイロンを当ててしまうと、生地が真っ平らになます。凹凸がなくなってしまった繊維は光って見えてしまうのです。

せっかくのウールやカシミヤのもふもふとした手触りや暖かそうな見た目を台無しにしたくないですよね。

当て布のこのマークがあったら、必ず当て布をしましょう。

当て布で使う布でおすすめなのは、メッシュか綿です。どちらも色の薄いものを使用しましょう。

色の濃い布で当て布をしてしまうと、色移りをしてしまって服を台無しにすることがありますので気をつけましょうね。

まとめ

  • アイロンがけの温度表記が低、中、高から黒い点の個数で表現され、1つが低、2つが中、3つが高という意味
  • アイロンマークが低温指示になっている場合、その生地はスチームなしでシワを伸ばせる
  • アイロンマークが中程度もしくは高程度の温度指示になっている場合、霧吹きなどで湿らせてからアイロンがけをするとシワが伸ばしやすくなる
  • アイロンがけ不可マークがついていても、スチーム機能を使って間接的にシワを伸ばす方法がある
  • アイロンマークだけでは指示しきれない内容は付記用語として記載されているため、必ず確認する
  • 当て布指示マークは旧表記ではあったものの、新表記はマークではなく付記用語として記載されている
  • 当て布の指示があった場合、服を長持ちさせるためにも必ず当て布をしてアイロンがけをする

シワのない服を着ることで、気持ちが引き締まって気合いが入ったり、身だしなみに気配りができると相手にアピールできたりしますよね。

温度設定やアイロンがけを正しくすることで、大切な服を長持ちさせ、あなたの普段の生活に花を添えることにつながります。

この記事で得た内容を活かしてもらって、あなたの生活がちょっとでもいいものになれると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました