紅茶の効能はアールグレイにもある!?リラックスや消化機能改善も!!

食生活
  • 紅茶の中でもアールグレイって有名だけど他との違いが分からない。
  • 紅茶には色々と効能がある事は知っているけど、はっきり分からない。

あなたもそう思ってこのページを開きましたか?

私は今まで、紅茶にはリラックス効果がある事は知っていましたが、それ以外は特に知らず生活していました。

ですが、お家での時間が多くなり紅茶を飲む機会も多くなってどんな効能があるのかを調べてみました。

今回は私の好きなアールグレイを中心にご紹介します。

アールグレイにはベルガモットという果実のフレーバーが使われていて、リラックス効果の他に消化機能改善など様々な効能があることがわかりました!

これから詳しく紹介していきますね。今まで以上にティータイムを楽しめるように、そして一人時間を充実させる為にも、ぜひ参考にしてみてください。

紅茶の効能でアールグレイに特有なものはあるの?

紅茶にはいろいろな効能があるとされていますが、アルグレイ特有の効能には以下のような4つの効能がありました。

アールグレイの4つの効能

  1. リラックス効果
  2. 消化機能改善の効果
  3. コレステロール値低下の効果
  4. 抗菌の効果

消化機能改善効果やコレステロール値低下の効果もあるなんてちょっと意外でしたよね?それでは1つずつ説明していきます。

アールグレイにはリラックス効果や安眠効果がある

ベルガモットに含まれている酢酸リナリルには、心を落ち着かせ不安や疲労感の軽減に役立つ効果があるとされています

心と体をリラックスさせることが出来るので、夜寝る前に飲むことで安眠効果も期待できます。

その効果からベルガモットによるアロマセラピーなどもあり、うつ病や不安などの症状を改善させるとも言われています。

あなたも紅茶を飲んでホッと落ち着いた経験はありませんか?実はこれには科学的な根拠がちゃんとあるんです。

人間には精神を安定させるセロトニンという物質があり、日中は太陽の光により分泌されているので比較的精神が安定します。

しかし夜にはこの物質の分泌が減ることで、ネガティブになりやすいのです。

私もなぜだか夜中になると、「私なんていなくても良いんだ」「私はどうしてこんな何も出来ないんだろう」と悩む時があります。

私自身、そんな時、どうせ眠れないし、紅茶でも入れてゆっくりしようとアールグレイをいれた事があります。

すると、まず紅茶をいれるだけで匂いに癒され、飲むとさらに心が落ち着きました。

ですので、みなさんも少しリラックスしたい時などに、アールグレイをいれてみると良いかもしれませんね。

アールグレイには消化機能改善の効果もある

ベルガモットに含まれているフラボノイドは、胃の調子を整え、消化器系の炎症を改善する効果があるとされています

胃もたれや胃潰瘍、下痢や便秘など消化器官が気になる方は、アールグレイを飲むと胃腸の活性化に繋がるとも言われています。

また血流を良くする効果もあるのでむくみなども改善されます。

アールグレイにはコレステロール値低下の効果も

ベルガモットに含まれているフラボノイドには、悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる効果があります。

血中の悪玉コレステロールが増えると心臓発作や、心臓病などの発生率を上げるリスクが高まります。

そこで、ベルガモットがコレステロールを下げる自然療法として最近では注目されています。

アールグレイには抗菌効果や抗炎症作用もある

様々な紅茶には、抗菌作用があり、インフルエンザや風邪の予防に役立つとされています。

中でもベルガモットに含まれている酢酸リナリルには、抗炎症作用があり、喉の調子を整えたり、口内の炎症の改善にも効果があります

またうがい薬としても用いられ、口内炎を癒すとも言われています。

このようにアールグレイには沢山の健康効果があります。

しかし注意点として、紅茶には意外に多くのカフェインが含まれています。

妊婦さんや小さいお子さんは飲む量を控えめにするのがベストですね。

そもそもアールグレイってどんな紅茶なの?

紅茶の種類の中でもよく名前を聞くアールグレイ。

世界中でも人気を誇るアールグレイなのですが、実際どういった物なのでしょうか?あなたも気になりますよね。

先程も少し説明しましたが、アールグレイとは、「ベルガモット」というミカン科の植物の香りを付けた紅茶の事を指します。

アールグレイという茶葉があると思っている方が多いと思いますが、実はそうではなく、フレーバーティーの一種なのです!

フレーバーティーとは、ピーチティーやアップルティーのような茶葉に、果物などの香りを吹き付けたものです。

基本的に紅茶は、産地名で分類されるものですが、アールグレイに至っては、そうではないのです。

なので、どこの産地の茶葉を使っていても、ベルガモットの香りを付けられたものは全てアールグレイと呼ばれています。

産地の名前が付けられている紅茶の例としては、インドの「ダージリン」や「アッサム」などがあります。

実は私はこの記事を書くまで、「アールグレイ」という種類の茶葉があると思っていました。しかしそうではないのです!

ではその、ベルガモットとは何なのでしょうか?

詳しくご説明します。ベルガモットとは地中海原産のミカン科ミカン属の柑橘類です。

イタリアでは18世紀初めから栽培されてきたもので、香水やコロンなどの香料としても世界中で愛されているものです。

爽やかな香りがリラックスの効果もあると言われているので様々なものに使用されているのですね。

まとめると、ベルガモットの爽やかな香りがアールグレイの特徴です。

味や見た目も楽しめるものですが、「香りで紅茶を楽しみたい!」という方にピッタリの紅茶ということです。

ちなみにアールグレイの名前の由来は、グレイ伯爵という実在する人物から取っているそうです。

アールグレイとは、英語でグレイ伯爵という意味なんですね!

19世紀に中国から帰ってきた使節団から送られた紅茶をグレイ伯爵が気に入り、自ら紅茶のその香りを再現しようと作ったのがアールグレイティーと呼ばれたそうですよ♪

紅茶の効能を一覧でご紹介♪主成分も解説!

アールグレイに含まれている成分や効能はご紹介したので、一般的な紅茶の効能についても一覧でご紹介していきますね!

紅茶の一般的な効能一覧

  • ダイエット効果
  • 抗酸化作用
  • 虫歯や歯垢予防の効果

紅茶には一般的にダイエット効果がある♪

紅茶に含まれているカフェインには、脂肪燃焼効果や脂肪分解を促す作用があります。

そのためダイエットにおすすめと言われています。

さらに、利尿作用や体内の老廃物をデトックスしてくれる働きもあるのでダイエットにもってこいですね!

飲むタイミングですが、脂肪燃焼効果があるので、運動30分前が良いとされています。

それくらいなら簡単に手軽に出来そうですよね?

紅茶には一般的に抗酸化作用もある!

紅茶に含まれているタンニンには、抗酸化作用といい活性酸素による体内の酸化を防ぐ働きがあります。

まず活性酸素というのは、呼吸やさまざまな要因で体内で発生するもので、体にとって良い働きをするものです。

しかし、活性酸素が過剰に発生すると、生活習慣病やガン、動脈硬化などの要因になるとされています。

その活性酸素による体内の酸化を防ぐことで、ガンを防いだり、血圧や血糖値の上昇を抑制したり、などの効果があります。

紅茶には一般的に虫歯や歯垢予防の効果もある!

紅茶に含まれているタンニンには、歯のエナメル質を強化する働きがあるので、虫歯対策にも効果があるそうです。

歯を守り、修復し、虫歯菌を退治してくれます。

また歯石を予防する効果もあるので、歯磨き後に無糖の紅茶を飲むのも効果的だそうです。

しかし、歯磨き後は歯に色が付きやすいので、着色を気にされる方は歯磨き後の紅茶は控えてくださいね!

アールグレイにも効能がありますが、紅茶そのものにもさまざまな嬉しい効能があることがわかりましたね。

では、こういった効能を発揮してくれるのはどのような成分なんでしょうか?

次に、紅茶に含まれる主成分も一覧でご紹介します。

一般的な紅茶に含まれる主な成分一覧

  • タンニン
  • カフェイン
  • テアニン

●タンニン
タンニンはポリフェノールの一種で、どんな植物にも含まれていますが、渋みを感じる成分としてよく知られています。

お茶類の中では、紅茶が一番多くタンニンを含んでいます。紅茶以外だと、お茶やワインなどにもタンニンは含まれています。

そう言われると、渋みを感じる物ばかりですよね!

紅茶にはそのタンニンが1~2割程度含まれていると言われています。

●カフェイン
カフェインと言えばコーヒーに含まれているイメージがあると思いますが、紅茶にも含まれているんです!

カフェインには強い利尿作用や、脳や筋肉などを刺激する要素があります。

過剰に摂取する事は中毒症状を引き起こし、良くないとされていますが、眠気やだるさなどを軽減する事ができ、ダイエット効果もあるとされています。

私も実際、集中して取り組まないといけない時などは、紅茶やコーヒーなどのカフェインの含まれている物を摂取します。

●テアニン
うまみ成分で知られるアミノ酸の一種で、紅茶の甘味を左右するものです。

緑茶やキノコ類にもテアニンが含まれているものがあり、脳の働きを活性化させるとも言われています。

また、そういった効果から健康食品の分野でも注目されています。

紅茶はかなり体にいい飲み物だということがわかりましたね。紅茶について詳しく知ると、より美味しく飲むことができると思います♪

紅茶は効能もあるけど副作用も気になる?!

ここまでアールグレイ、そして紅茶全般の健康効果や効能についてご説明してきました。

しかし、何においても言える事ですが、飲めば飲むほど良いのかというと違います。

過剰な摂りすぎは良くないとされています。

紅茶もアールグレイにおいても摂りすぎには副作用があるんです。

今後のティータイムを楽しんで頂く為にも副作用をしっかり知って頂きたいと思いますのでご紹介していきます。

紅茶の副作用で貧血になりやすいこともある

紅茶に含まれているタンニンには鉄分の吸収を妨げる働きもあります。

鉄分の吸収を妨げると、血液が上手く作れず、貧血になりやすくなってしまいます。

コーヒーや緑茶にもタンニンは含まれていますが、紅茶が一番多くタンニンを含んでいるので、貧血になりやすいのも一番ということです。

ですので、元々貧血気味の方や、生理中の女性は控え目にしてくださいね。

紅茶に含まれるカフェインによる副作用

カフェインには疲労回復やストレス解消などの効果があります。

その効果からカフェインの入っているコーヒーや紅茶を好んで飲む方も多いと思います。

しかし、コーヒーに比べると紅茶のカフェインの量は少なめに感じますが、過剰に摂取してしまうとカフェイン中毒になる恐れがあります。

カフェイン中毒の症状は主に頭痛やめまい心拍数の増加などが上げられます。

また、カフェインを過剰に摂取すると、胃が荒れてしまう恐れもあります。

胃への刺激が強いので、空腹時に紅茶だけを飲むというのは控えた方が良いでしょう。

食事と食事の間のおやつ時間や食後などに、ゆったりした気分で飲むのがオススメですね♪

まとめ

  • アールグレイの特有の効能はリラックス、消化機能改善、コレステロール値の低下、抗菌
  • べルガモットの爽やかな香りがアールグレイの特徴
  • 紅茶の効能は、ダイエット、抗酸化、虫歯や歯垢の予防
  • 紅茶に主に含まれている成分はタンニン、カフェイン、テアニン
  • 紅茶の副作用は貧血やカフェイン中毒なので飲み過ぎには注意する
  • 胃を刺激するので空腹時ではなくおやつの時間や食後に飲むのがよい

今回調べてみて、アールグレイにはもちろん沢山の効能がありましたが、紅茶全般にみても様々な健康効果があるという事が分かりました。

何気なくティータイムを楽しむだけだはなく、飲むタイミングや適切な量を守ってこれからよりティータイムを楽しんでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました