クッキングペーパーはトースター不可!シートは使用可!?代用品も紹介

住まい・生活

あなたはクッキングペーパーやクッキングシートをトースターで使えると思いますか?

実は私も曖昧だったので、今回改めて調べてみました。

結果、クッキングペーパーをトースターでは使えませんでした。

そしてクッキングシートはトースターで使用するのは危険ですが、注意点を守れば使うこともできます。その理由を今から詳しく紹介していきますね♪

あなたはそもそもクッキングペーパーとクッキングシートの違いを知っていますか?

名前が似ていて、「あれ、どっちがどっち?」となりませんか。

この記事ではクッキングペーパーとクッキングシートの違いや、代用できるアイテムなども調べてみました!

私がおすすめする落し蓋に使う方法も紹介するので、最後まで読んで、クッキングペーパーやクッキングシートを使いこなしてくださいね♪

スポンサーリンク

クッキングペーパーはトースター不可!シートは使用可!

結論からいうとクッキングペーパーはトースターには使用できませんが、クッキングシートは注意点を守れば使用することができます。今からその理由を詳しく紹介していきますね!

そもそもクッキングペーパーとは水や油分を吸収してくれる不織布で、濡れた状態でも破れにくく野菜の水切りや揚げ物を置く時に使われます。

不織布ですから、直火はもちろんトースターでも燃える危険性があります!絶対に使わないでくださいね。

対してクッキングシートは耐熱性があり、オーブンでクッキーなどのお菓子を作るときに天板に敷く薄い紙のことです。

クッキングシートもトースター内の熱源に直接触れると引火して燃えることがあり危険ですが、正しく使用すれば使うことができます。

そしてクッキングペーパーと基本的に使い方が同じのキッチンペーパーもありますが、キッチンペーパーは紙なので、もちろん燃えてしまいます。トースターには使えませんね。

私は今まで多分大丈夫だろうと安易な気持ちでクッキングシートをトースターで使っていました。

でも何もない時は知らなかったで済むことも、何かあってからでは遅いということもまた事実です!

実際にクッキングシートをトースターで使用して発火してしまった事例もあります。知らないで使っていたら大変なことになったかもしれませんね!

あなたは使用する前に注意事項を確認していますか?

クッキングシートをトースターで使用する時の注意点

クッキングペーパーもクッキングシートもトースターで使用するのは基本的には推奨されていません。

でもクッキングシートは正しく使用すれば使うこともできるので、まずは注意点を一緒にみていきましょう。

注意点
  • 直火での使用禁止
  • 250℃以上の高温での使用禁止
  • 250℃でも20分を超える使用禁止
  • クッキングシートが熱源に触れ、燃えることがある
  • 使用する時は必ず天板を使う
  • 天板からはみ出さないように敷く
  • 食材が燃えてシートに引火する場合があるので目を離さない

クッキングシートは高温にも耐えられるように作られていますが、直火では燃えることがあるので注意が必要です。

トースターは直火ではないものの熱源が食品に近いので、食材が高温になり燃えて引火してしまうこともあり得ます。

クッキングシートをトースターで使用する場合は必ず天板を使用しましょう。

そして天板に敷くシートは天板よりひとまわり小さいサイズにカットするのがいいですね!

トースターの庫内の温度は200℃~250℃まで高くなります。

簡単に5~10分くらいで調理できるものだけに限定して使うのもひとつの方法かもしれませんよ♪

そして絶対忘れてはいけないことが、調理しているときはトースターから目を離さないことです。

私はトースターで焼きおにぎりをよく作りますが、以前は片面焼きが終わるまで放置していました。

でも最近はきちんと目視しています。焼きおにぎりは片面5分ずつなので醤油の程よい香りを楽しみながら待つのもいいですよ♪

クッキングシートの代用品をトースターで使う方法も!

それでもクッキングシートをトースターで使うのは少し怖いというあなたには、アルミホイルがおすすめです。

アルミホイルの耐熱温度は一般的に300℃~600℃で、素材も紙ではないので食材が燃えて引火するという心配がありません。

お餅を焼くときはアルミホイルを一度くしゃくしゃにして使うとお餅がくっつきにくくなるそうですよ!

だけどアルミホイルは食材によってはくっついてしまうこともあります。そんな時にはフライパン用ホイルがおすすめです。

フライパン用ホイルは表面がシリコン樹脂で加工されているので、アルミホイルではくっついてしまうような食品を温めたい時には便利です。

ただし、アルミホイルやフライパン用ホイルを使用する場合も熱源に触れないようにして、天板からはみ出さないように注意が必要です。

クッキングシートのほかにもトースターには危険が!

そしてもうひとつトースターはクッキングペーパーやクッキングシートだけでなく、くず受けトレイに溜まったカスから発火することもあります。

くず受けトレイに溜まったカスはこまめに捨てましょう。

私も頻繁にトーストを食べるので、くず受けトレイや庫内の掃除は常に心がけています。

汚れはひどくなると作業が大変ですが、その都度掃除をすればキレイも安全も保てますよね♪

スポンサーリンク

クッキングペーパーの代用になるものは⁉︎使い方も紹介

ここからはプラスアルファのお役立ち情報として、クッキングペーパーやクッキングシートの使い方と、代用になるものをいくつか紹介していきますね。

調理をする際に何かと便利なクッキングペーパーは常に手元に置いておきたいですよね!

あなたはクッキングペーパーをいざ使おうと思った時に切らしていたなんてことありませんか?

私も普段からストックはしていますが、それでも時々切らしてしまうことがあります。

そんな時でも代用できるものを知っていたら慌てずにすみますよね!

覚えておくと便利なのであなたも是非参考にしてみて下さいね♪

クッキングペーパーの代用になるものと使い方

クッキングペーパーは水分や油分をしっかり吸収してくれて、濡れても破れにくい厚手の不織布なので、調理に使いやすくて便利です。

まずは、クッキングペーパーの主な使い方を紹介していきますね!

クッキングペーパーの主な使い方
  • 落し蓋として
  • 生の魚やお肉を包んで臭みを取る
  • 豆腐の水切りや油揚げの油切り

クッキングペーパーは落し蓋として便利なのはもちろん生の魚やお肉を包んでおくと簡単に臭みを取ってくれます。

さらに豆腐の水切りや油揚げの油切りにも使えます。

ではどんな物で代用できるのか見ていきましょう!

クッキングペーパーの代用になる物
  • クッキングシート
  • アルミホイル
  • キッチンペーパー

まず落し蓋にはクッキングシートやアルミホイルで代用できます。

そして水気を拭き取ったり、野菜を包みたい場合はキッチンペーパーを代用します。

普段お家にあるもので代用可能なので、切らしたときには素早く対応できますよね♪

クッキングシートの代用になるものと使い方

そしてここからはクッキングシートの使い方と代用になるものも紹介していきますね!

クッキングシートは熱や油、水にも強いためオーブンや蒸し料理に使ったり煮物を作る際の落し蓋としても重宝します。

クッキングシートの主な使い方
  • オーブンを使うときに天板に敷く
  • ケーキの型に敷く
  • 蒸し器の底に敷く
  • 落し蓋として

クッキングシートは焼きあがったお菓子や料理がくっつかずに取りやすくしてくれます。

ではどんな物で代用できるのか見ていきましょう!

クッキングシートの代用になる物
  • バター
  • 小麦粉
  • クッキングペーパー
  • アルミホイル
  • レタスやキャベツなどの葉物野菜

まずクッキーなどオーブンを使うときには天板に直接バターを塗って代用します。

天板に直接バターを塗ることで焼きあがった物がはがれやすくなります。

私も時々バターを塗ってクッキーを焼くことがありますが、天板を洗うのが少し面倒なんですよね。

そんな時は、アルミホイルを天板に敷いてその上にバターを塗ると天板を洗う手間も省けて効率的です。

そしてケーキの型には、バターを塗った後に小麦粉をふるって余分な粉を落せば焼きあがった時に型から離れやすくなりますよ!

落し蓋の代用にはもちろんクッキングペーパーやアルミホイルです。

クッキングペーパーとクッキングシートは互いにカバーしてくれて便利ですね♪

次に蒸し器の底にはキャベツやレタスなどの葉物野菜を代用します。

シュウマイなどを蒸すときは生のままのレタスやキャベツを平らに敷いておくと食材が蒸し器にくっつくことを防いでくれます。

蒸しあがった後には煮汁が野菜にも染み込んでいるので、一緒に食べることができて一石二鳥ですよ♪

スポンサーリンク

クッキングペーパーは落し蓋にも使える便利なアイテム

さてここからは私が特におすすめする、クッキングペーパーを落とし蓋にする使い方について解説してきますね!

落し蓋をすると材料に味がしみこみ具材が煮崩れしなくて、時短にもなるというメリットもあります。

私は煮物を作る時にいつもクッキングペーパーを落し蓋に使用しています。

調味料が目分量なので毎回微妙に味は違いますが、全体に味が染み込んで美味しくできるんですよ♪

そもそも落し蓋とは鍋よりひと回り小さい蓋で、材料の上に直接置いて使うものです。

落し蓋には様々な素材や形の物がありますが、私は専用の物ではなく普段からクッキングペーパーを使用しています。

クッキングペーパーを落し蓋に使う3つの理由

もしあなたが落し蓋にクッキングペーパーを使用した経験がなければ、是非参考にしてみて下さい。早速紹介していきますね♪

クッキングペーパーが落し蓋に便利な理由
  • 大きさが自由自在
  • 洗う手間が省ける
  • アクもとれる

私は煮物を作る時、鍋の大きさをその日の食材や作る量によってかえます。でも鍋に合わせた落し蓋をすべて揃えていたらコストもかかりますよね!?

そこで便利なのが大きさを自由自在にできるクッキングペーパーです。

さらにクッキングペーパーはそのまま捨てられるので洗う手間も省いてくれます。

しかもクッキングペーパーは具材から出るアクを吸い取ってくれるので、面倒なアク取り作業をしなくてすむんですよ!

このようにクッキングペーパーは煮物には欠かせない落し蓋の役割を全面的にカバーしてくれます。

使い方は簡単で、クッキングペーパーに菜箸くらいの穴を開けて煮物の上にのせるだけです。

クッキングペーパーはやわらかく具材に沿うようにフィットするので、まんべんなく煮汁がまわり味もしみ込みやすくなりますよ♪

穴を開けなかったり、穴が小さすぎたりすると、沸騰した時にクッキングペーパーが浮いてしまうので注意してくださいね!

クッキングペーパーとシートの意外な使い方

最後にクッキングペーパーとクッキングシートのちょっと意外な使い方を紹介しますね!

水に強いクッキングペーパーはざるを使ってヨーグルトの水切りができます。

サラダやケーキなど様々な料理に使うことができるので、ちょっと活用したいときに便利ですよね。

そしてクッキングシートは自分で焼いたクッキーやパウンドケーキのラッピングにおすすめです。

クッキングシートにはナチュラルな色合いやお洒落な物、英字柄まであって選ぶのが楽しくなりますよ♪

スポンサーリンク

まとめ

  • クッキングペーパーは不織布なので直火はもちろんトースターでも燃える危険性があるので使用できない
  • クッキングシートもトースターでの使用は危険だが、注意点を守れば使うことはできる
  • クッキングシートをトースターで使う場合は必ず天板を使用、シートを調整、目を離さない
  • トースターはくず受けトレイに溜まったカスから発火することがある
  • クッキングペーパーの代用になるものはクッキングシート、アルミホイル、キッチンペーパーなど
  • クッキングシートの代用になるものはクッキングペーパー、バター、小麦粉、葉物野菜など
  • 落し蓋にクッキングペーパーが便利な3つの理由は大きさが自由自在になる、洗う手間が省ける、アクもとれる

クッキングペーパーはトースターでは使えませんでしたね。

でもクッキングペーパーやクッキングシートの使い方の新しい発見はありましたか!?

使用上の注意を守って、メリットを上手に活用できたらいいですね!

タイトルとURLをコピーしました