マーブル加工とフッ素加工の違いを解説!フライパンを選ぶポイントも

住まい・生活

フライパン売り場を見ていると、「マーブル加工」などの表示が目に付きますよね。

フッ素加工やダイヤモンドコートなどコーティングの種類がいろいろあって、「どれがいいのかわからない!」となりませんか?

コーティングは、料理のやりやすさが変わってくるのでフライパンを選ぶときの大切なポイントです。

フライパンは頻繁に使うものですから食材がくっついたり焦げたりするのは嫌ですよね。

フッ素加工のフライパンはくっつきにくいのが特徴ですが、マーブル加工はフッ素樹脂にマーブル(大理石)を混ぜているので、より耐久性が高くなっています。

今回は、マーブル加工やフッ素加工などのコーティングの違いやおすすめの商品などについて紹介したいと思います。

ぜひ最後まで読んで、使いやすいフライパンを選べるようになりましょう!

スポンサーリンク

マーブル加工とフッ素加工の違いについて解説

マーブル加工とフッ素加工はフライパンなどに使われているコーティングのことです。

フッ素加工はフッ素樹脂加工やフッ素コートなどともいわれ、アルミの素材にフッ素樹脂をコーティングしてあり、食材がくっつきにくいのが特徴です。

そして簡単に言うとマーブル加工はフッ素樹脂にマーブル(大理石)を混ぜているので、単なるフッ素加工より耐久性が高くなっているのが特徴です。

フライパンのコーティングには、マーブル加工とフッ素加工の他にセラミック加工やダイヤモンドコート、チタンコートなどいろいろあります。

ここでは、マーブル加工とフッ素加工に注目して詳しく紹介していきたいと思います♪

マーブル加工はフッ素加工のなかの1種類

フッ素樹脂加工によるコーティングには、下記のようにさまざまな種類があり、呼び方もいろいろです。

  • フッ素加工、フッ素樹脂加工、フッ素コート
  • テフロン加工
  • マーブル加工、マーブルコート
  • ダイヤモンド加工、ダイヤモンドコート
  • プラチナ加工、プラチナストーン

これが全部同じフッ素加工によるコーティングなのかと驚きますよね!

また実は、フッ素樹脂は比較的柔らかい素材でできています。

なので、一番表面の層に固い粒子を混ぜて、加工し、耐久性を上げています。

フッ素加工によるコーティングの呼び方の違いは、表面加工を丈夫にするために混ぜ込むものによって変わります。

マーブル(大理石)を混ぜ込んだものはマーブル加工、ダイヤモンドを埋め込んだものはダイヤモンド加工と呼ばれ、それぞれに強度が違ってきます。

フッ素加工のフライパンの良い点は4つあります。

フッ素加工の良い点
  • 食材がくっつきにくく、焦げにくい
  • 油の量が少なくても調理できる
  • 汚れが落ちやすく、お手入れが楽
  • 取り扱っている店舗が多いため、買いやすい

フライパンは毎日使うものですからお手入れが楽なのはとても良いですよね!

また、油の量が少なくても調理できるのは、健康や環境にいいので使いたいと思うポイントですね!

次にフッ素加工のフライパンの注意すべき点は4つあります。

フッ素加工の注意点
  • 寿命があり、数年単位で買い替える必要がある
  • 傷を付けるとフッ素樹脂がはがれやすくなる
  • 食材を長時間入れておくことができない
  • 強火に弱い

強火に弱いのは、少し買うのに戸惑ってしまうかもしれないですね。

フライパンには様々な種類があるので、メリットとデメリットを考えて買いましょう。

次に、マーブル加工について詳しく紹介していきたいと思います。

マーブル加工の良い点と注意すべき点を解説

マーブル加工は、先ほど紹介したようにフッ素樹脂加工の1つで、マーブル(大理石)を混ぜて加工してあるものを指します。

フッ素樹脂に大理石を混ぜてコーティングしてあるので、通常のフッ素加工のフライパンよりも高い耐久性を期待できます。

マーブル加工のフライパンの良さは3つあります。

マーブル加工の良い点
  • 耐久性が高い
  • 摩擦に強いため、コーティングがはがれにくい
  • くっつきにくく、焦げ付かない

マーブル加工の良さは、どれも毎日使うフライパンにはあってほしい良さですよね!

次に、マーブル加工のフライパンの注意点は5つあります。

マーブル加工の注意点
  • コーティングが傷むので、高温に注意し、中火以下で使用する
  • 空焚きは避ける
  • 洗ったらすぐに水気をふき取る
  • 金属製のフライ返しなどの調理器具をできるだけ使わない
  • 調理したものを長時間入れっぱなしで放置しない

マーブル加工のフライパンは、高温調理しすぎると、フッ素樹脂から有害なガスが発生する可能性があります。

しかし、通常使用している場合は、問題ないので安心してくださいね。

また、高温での使用は、コーティングの寿命を縮めるので使う時には、中火までにしてください。

フライパンは消耗品です。少しでも長く使うために気を付けて使いましょうね!

スポンサーリンク

マーブル加工とフッ素加工などのフライパンの選び方

マーブル加工やフッ素加工などの種類の違いについてわかりましたね!?

しかし、まだフライパンの選び方に迷うということもあるのではないでしょうか。

そんなあなたに、ここからはフライパンの選び方のポイントをあらためて紹介したいと思います!

フライパンの選び方のポイントは↓の5つがあります。

  • サイズ・形状
  • 材質・コーティング
  • IH・ガス火
  • 便利フライパン
  • おしゃれフライパン

マーブル加工やフッ素加工などコーティング以外にも選ぶポイントがたくさんあるんですね!

これからそれぞれについて詳しく紹介していきたいと思います。

フライパンの選び方のポイントはサイズや形状

1つ目の選び方のポイントは、サイズ・形状についてです。

何人分の料理をしたいかや収納場所にちゃんと収納できるかなどに考慮する必要があります。

また、サイズに沿って用途も変わってくるので、フライパンをサイズ別にいくつか用意す使い勝手良くいいと思います。

普段使いに一番便利なサイズは、24㎝~26㎝です。

4人家族以上であれば、28㎝以上のサイズがおすすめです。

フライパンの選び方のポイントは材質やコーティング

選び方のポイントの2つ目は材質・コーティングです。

フライパンには、先ほど紹介したマーブル加工とフッ素加工以外にも鉄製のもの、セラミックコートのものなど様々なものがあります。

コーティングの素材によって適した調理方法があり、お手入れ方法や重さなどメリット・デメリットもそれぞれです。

用途に合わせて複数のフライパンを使い分けるのもおすすめですね。

私は、少し高くてもフライパンは長持ちしたほうがいいので、今度買う時はマーブル加工のものを買いたいと思いました。

あなたも好みにあった材質・コーティングのものを選ぶようにしましょう!

フライパンの選び方のポイントはIHかガス火対応か?

選び方のポイントの3つ目は、IH・ガス火のどちらに対応しているかです。

最近は、多くの家庭でIHが使われているのではないでしょうか。

しかし、IHはすべてのフライパンが使えるわけではありません。

購入時には、IH対応のフライパンなのか、ガス火専用のフライパンなのかを確認して購入するようにしましょう。

便利機能付きフライパンは持っていると時短になる!

選ぶときのおすすめの4つ目は、便利機能付きフライパン・専用フライパンです。

このように言われて何のこと?となると思いますが、一番わかりやすいのは、たまご焼きフライパンです。

たまご焼きフライパン以外にも、忙しい朝のお弁当作りに役立つ時短アイテムや、着脱式ハンドルのフライパンなどの便利なものがあります。

他にも、魚専用グリルや一人用のスキレットなどフライパンの仲間もあります。

どのフライパンも持っていると便利なフライパンです。

気になったあなたは1つ買って、試してみるのもいいかもしれないですね。

おしゃれフライパンは持っているとキッチンが華やぐ

選びぶときのおすすめの5つ目は、おしゃれフライパンです。

最近では、形や色が様々で、おしゃれなフライパンがたくさんあります。

機能性も考えられているものばかりなので、おしゃれだけではなく使い勝手もいいです。

いつも使うものなのでキッチンが華やかになるフライパンもいいですね。

いつもと違うフライパンが気になったあなたはカラフルなフライパンなどに挑戦してみてくださいね。

フライパンの選び方のポイントについてわかりましたか。

今回紹介したポイントを参考にぜひフライパンを選んでみてくださいね♪

スポンサーリンク

マーブル加工とフッ素加工のおすすめの商品を紹介

ここでは、マーブル加工とフッ素加工のおすすめの商品を紹介していきたいと思います。

今回おすすめする商品は、Amazonと楽天から私が機能と価格を見て「これならコスパがよくておすすめ!」と思った商品を選んでいます。

どの商品もおすすめなので買う時の参考にしてくださいね。

まずは、マーブル加工のおすすめの商品を3つ紹介したいと思います。

マーブル加工のおすすめ商品
  • 和平フレイズ フライパン マーブル・イグネイト 26㎝ IH対応クイックマーブル ふっ素樹脂加工RA-9637
  • 軽いね!ガス火専用ストロングマーブル 超軽量キャストフライパン 深型 いため鍋 28㎝ パール金属 HB-1229
  • タフコ(Tafuco)フライパン 26㎝ ガス火専用 軽量ダイヤモンドマーブルコーティングブラック F-7110

今回紹介した商品の価格は、2000円~6000円程度でした。

次にフッ素加工のおすすめの商品を3つ紹介します。

フッ素加工のおすすめ商品
  • KIPROSTAR 業務用アルミフライパン 25㎝ (表面フッ素樹脂コーティング 加工 ガス火対応)
  • サーモス デュラブルシリーズ フライパン 28㎝ レッド IH対応 KFF-028 R
  • Vita Craft ビタクラフト フライパン20㎝ IH対応 ソフィア2 No.1740 (ガス火対応 浅型フライパン)

今回紹介した商品の価格は、約3000円~4000円程度でした。フッ素加工のフライパンの方が価格が安めになりますね。

フライパンにはサイズや価格、様々なものがあります。

コーティングにこだわって買いたいというあなたは自分が使いやすいフライパンを選べるようになりましょう!

スポンサーリンク

まとめ

  • フッ素加工はフッ素樹脂加工やフッ素コートなどと言われ、アルミの素材にフッ素樹脂をコーティングしてあり、食材がくっつきにくいことが特徴
  • マーブル加工はフッ素樹脂にマーブル(大理石)を混ぜているので、単なるフッ素加工よりも耐久性が高くなっている
  • フッ素加工の良い点は、焦げにくいことや油の量が少なくても調理できることなどがある
  • フッ素加工の注意点は、数年単位で買い替え必要なことや食材を長時間入れておくことができないなど
  • マーブル加工の良い点は、耐久性が高いことや摩擦に強く、コーティングがはがれにく点など
  • マーブル加工の注意点は、中火以下で使用することや空焚きは避けるなどがある
  • フライパンの選び方のコツは、サイズ・形状、材質・コーティングなど5つある
  • ここでは、マーブル加工とフッ素加工のおすすめの商品をそれぞれ3つずつ紹介している

私は、フライパンのコーティングや選び方などについて調べて、フライパンにも様々な選び方があるのだと驚きました!

フライパンは毎日のように使うので、使いやすいものを選びたいですよね。

あなたも自分が使いやすいと思うフライパンを選んで、楽しく料理をしましょう!

タイトルとURLをコピーしました