まな板に残った魚の臭いは簡単に取れる!4つの除去方法や対策も紹介

住まい・生活

あなたはよく家で魚を切りますか?まな板で魚を切るとまな板や手に臭いが残ってしまいますよね。

私も臭いが付くのがいやで家で魚を切るのを避けてしまうんですよね。

そんな魚を切った後の臭いですが意外と簡単に取れることを知っていましたか?

魚の臭いは洗ってもなかなか取れない印象だったので、私は簡単に取れると知ってとても驚きました!

まな板についた臭いは流水で流した後に洗剤で洗うことなどで取ることができます。

また、手についた臭いを柑橘系の皮で洗ったり、酢水で洗ったりすることで取ることができるんです!

臭いを簡単に取ることができたら家でも魚を調理しようと思いますよね!

今回は、まな板などに付いた臭いの取り方や、付かないような対策方法を紹介していきたいと思います。

ぜひ最後まで読んで家でも魚の調理を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

まな板に残った魚の臭いを取る方法は4つある!

ここでは、まな板に残った魚を切った後の臭いを取る方法を紹介していきたいと思います。

ここで紹介するまな板の臭いを取る方法は↓の4つです。

  • 流水後に洗剤で洗う
  • 酢水で洗う
  • 重曹を使う
  • 塩を使う

紹介した方法の中には、こんな方法で魚を切った後の臭いが取れるんだと驚く方法もあるかもしれません。

これからそれぞれの方法について詳しく紹介していくので、魚を切った後のまな板の臭いを取る方法について詳しくなってくださいね。

まな板に付いた魚の臭いの除去法その1!洗い方を変える

この方法は、魚をさばいた後にまず、流水でまな板を洗い流します。

その後に洗剤を使ってゴシゴシ擦り洗いを行うと臭いが消えやすくなります。

この方法のポイントとしては、熱湯を使わないことです。

熱湯を使うと、逆に臭いを閉じ込めてしまうので、使わないようにしましょう!

魚をさばき終わった後、つい熱湯を使いたくなってしまいますよね。でも我慢して冷たい流水で洗ってくださいね。

まな板に付いた魚の臭いの除去法その2!酢水を使う

この方法は、まず、お酢と水を1:3の割合で混ぜて酢水をつくります。

そして作った酢水をまな板や包丁にスプレーして、1分ほど放置し、水でよく洗い流します。

酢水はお酢と水を1:1の割合で混ぜたものや、原液のお酢をかけても大丈夫です。

どれくらい臭いが残っているのかを判断して割合を変えるのもいいかもしれないですね。

まな板に付いた魚の臭いの除去法その3!重曹を使う

この方法は、まず重曹をまな板に適量をふりかけます。

その後、水を少しつけてまな板をこすります。最後に水で洗い流して、洗剤で仕上げ洗いをしたら終わりです。

この方法も簡単に臭いを取ることができますね。

重曹を持っていない人も様々な場面で使うことができるものなので、このタイミングで買ってみてもいいかもしれないですね。

重曹は100円ショップやドラッグストアなどで買うことができます。

まな板に付いた魚の臭いの除去法その4!塩を活用する

この方法は重曹と同じ手順で臭いを取ることができます。

まず、まな板に適量の塩を振りかけてください。

次に少し水を付けてまな板をこすります。最後にしっかりと洗い流し、洗剤で仕上げ洗いをしたら完了です。

塩だとどの家庭にもあるので、わざわざ準備する必要がないのがいいですよね!

塩は、排水溝のぬめりや鍋の焦げ付きを落とすのに研磨剤のような効果があります。

塩って料理だけではなく、意外に様々な場面で使うことができるんですね!

魚を切った後にまな板についた臭いを取る方法はわかりましたか?

家にあるもので取ることができるので、あなたも試してみてくださいね。

スポンサーリンク

まな板以外に付いた魚の臭いを消す方法を紹介

ここでは、魚を切った時にまな板以外の手や部屋についた臭いを取る方法を紹介していきたいと思います。

まな板の臭いが解消しても切った後に手などから魚の臭いがしたらいやですよね。

そんな時に臭いを取る方法を知っていたらとても良いですね!

まず、手の臭いを取る方法は↓の8つになります。

手に残った臭いを取る方法
  • レモンやミカンなどの柑橘系の果汁で洗う
  • 酢水で洗う
  • 塩で洗う
  • ステンレスに触る
  • ブラシを使って洗う
  • 重曹で洗う
  • 湿ったコーヒーの豆カスで洗う
  • 歯磨き粉で洗う

次に、部屋に残ってしまった臭いを消す方法は↓5つです。

部屋に残った臭いを消す方法
  • よく換気をする
  • 酢水で拭き掃除をする
  • 重曹を置く、撒く
  • 茶葉を煎る
  • グリルの水に紅茶を入れる

まな板以外の魚の臭いを取る方法についても知っていて損はないですよね?

これからそれぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

手に残った臭いを取る方法について紹介

魚を切った後の臭いは手にとても馴染みやすいだけでなく、手のしわなどに入り込んでしまうために手に残った臭いが取れにくいんです。

そのため、洗剤で擦り洗いするだけでは取り除くことが難しく、臭いが消えなくなってしまうんです。

ここでは先ほど紹介した手の臭いを取る方法の中から5つをより詳しく説明していきたいと思います。

〈レモンやミカンなどの柑橘系の果汁で洗う〉

レモンやミカンなどの柑橘類に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、手についた細菌を分解することができます。

さらに、柑橘類に含まれるリモネンという成分には消臭効果があるので、ダブルで魚の臭いを取ってくれます。

柑橘類の皮で洗う方法手順は↓の4つの流れになります。

  1. 普通に石鹸で手を洗う。
  2. タオルでしっかりと水気を取り、手のひらにレモンなどの柑橘系の果汁を少し垂らす。皮を使う場合には、皮を押しつぶして出てきた汁を使う。
  3. その汁を手のひらや指の間、爪などによく擦りこむ。
  4. 数秒おいて、水ですすぎ洗いをし、タオルで水気を取る。

手間が少なく、臭いを取ることができていいですよね!

〈酢水で洗う〉

酢にも柑橘系と同じくクエン酸が含まれているので、殺菌作用があります。

酢を直接使ってしまうと酢の臭いが付いてしまうので、2倍くらいに薄めた酢水を使うようにしてくださいね。

酢水で臭いを落とす手順としては↓の3つです。

  1. 水で2倍に薄めた酢水をつくる。
  2. 作った酢水に手を入れて、手を擦り洗いする。
  3. 水でしっかりすすぎ洗いをする。

酢の臭いが残るのは嫌ですよね。きちんと酢水の割合を守って臭いを取るようにしましょう。

〈塩で洗う〉

塩には臭いのもととなる細菌を分解してくれる作用があり、魚の臭いを取るのにも効果的です。

塩で臭いを取る方法は、塩を手に付けて擦り洗いし、しっかり水ですすぐだけです。

しかし、手や指に傷がある場合には、かゆみの原因になってしまいます。

その場合には、別の方法を使うようにしましょう。

〈ステンレスに触る〉

一番手軽で効果のある方法が、ステンレスを触る方法です。

ステンレスに触ることで臭いの原因となっている細菌と鉄イオンが化学反応を起こすため臭いを消すことができるんです。

身近にあるステンレスは、水道の蛇口の金属部分などがあります。

魚を触った後に蛇口のステンレス部分を触ってから水で手を洗うようにすれば、臭いが付きにくくなります。

〈ブラシを使って洗う〉

魚の生臭さが落ちない原因は、手にある凹凸に臭いが入り込んでしまうためです。

そのため、ブラシを使って臭いを掻き出して落としてしまえば、臭いを消すことができます。

しかし、あまり強くブラシで擦りすぎると手が荒れてしまうので注意してくださいね。

手についた臭いを消す方法がいろいろあることがわかりましたか?

どの方法も簡単なので魚を切って手の臭いが気になるときに試してみてくださいね。

部屋に残った臭いを取る方法について紹介

次に部屋に残った臭いを取る方法を詳しく紹介していきたいと思います。

〈換気をする〉

魚をさばいた後に臭いが気になる時には、一日に数回換気を行い、空気の入れ替えをすようにしましょう。

空気清浄機を持っているならば、それを使って部屋の空気がいつも循環している状態をつくるのもいいです。

そんなに臭いが気にならないという時には換気をするだけでもいいかもしれないですね。

〈酢水で拭き掃除をする〉

先ほどから出てくる酢水で、拭き掃除をするのも臭いを取ることができます。

酢水には、殺菌効果があり、臭いの気になるキッチン周りや床などを掃除すると臭いを取るのにいいです。

〈重曹を置く、撒く〉

この方法は、重曹をそのまま空の容器に入れ、蓋をせずに部屋に置くだけです。

そのまま置いておくことで重曹が臭いを取ってくれます。

重曹をそのまま置いておくだけなんてとても簡単でいいですよね!

〈茶葉を煎る〉

この方法は、水や油などを加えず、茶葉をフライパンに敷き詰めて火にかけます。

しばらくすると茶葉の色が変わってきて香りが出てきます。

この出てくる茶葉の香りに消臭効果があり、部屋全体の臭いを消してくれるんです。

また、煎った茶葉を空の容器に入れ、臭いの気になるところにおいておいても消臭してくれます。

茶葉はどの種類でもいいので、家にある手頃な茶葉で試してみましょう!

〈グリルの水に紅茶を入れる〉

この方法は、グリルで魚を焼いたときに効果的な方法です。

やり方は、魚焼きグリルの水を張る場所にお茶もしくは紅茶の葉を入れておくだけです。

茶葉を入れることで魚の臭いを抑えることができるそうです。

飲み終わった後の茶葉でも効果が出るので、意外に手軽に試すことができると思います。

手や部屋についた臭いを取る方法はわかりましたか?

どの方法も簡単に試すことができるので、魚をさばいた時などに気になったら挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

まな板に魚の臭いが付かないような対策グッズを紹介

ここでは、まな板に魚の臭いが付かないようにする予防対策や再び臭くさせないお手入れの方法を紹介していきたいと思います。

そもそも、まな板いが臭くなる原因を知っていますか?

それは、まな板についている「傷」が原因だったんです!

そのため、まな板に傷がつかないようにしたり、傷に入っている汚れを取ることで臭いの対策をすることができるんです。

魚の臭いもまな板の傷に魚の生臭さの原因であるアミン臭が入り込んでしまうため臭くなってしまうんです。

魚の臭いを対策するためには、まな板に傷がつかないようにすることが大切なんですね!

まな板に傷がつかないようにする対策方法は2つある

まず、まな板に傷がつかないようにする方法を紹介したいと思います。

一つ目は、飲み終わった牛乳パックを乾燥させて切り開き、その上で魚をさばく方法です。

牛乳パックの内側は水や油を通さない防水加工になっているので、まな板にしみこませずにさばくことができます。

牛乳パックを使うなんて意外ですよね!でも簡単なのでいいかもしれないですね。

二つ目は、100円均一のお店などで取り扱われているまな板シートを活用する方法です。

ダイソーにある商品は3mで300円の商品になっていました。

私も使ったことがあるのですが、洗うのも簡単になり、とても便利な商品でした!

気になっていたあなたも、ぜひ試してみてくださいね。

まな板の臭いの予防対策には日頃のお手入れが大切!

次にまな板の日頃のお手入れの仕方を紹介したいと思います。

まな板のお手入れは、使う度にするのが理想ですが、一日に何度も使用するので大変ですよね。

なので、できれば一日に一回はお手入れをするようにしましょう。

肉や魚を切らなった日には、今日は洗剤だけでもいいかという日があっても問題はありません。

まな板のお手入れの方法は↓の順番になります。

  1. まな板の汚れをしっかり落とす
  2. しっかりとすすぐ
  3. 殺菌、消毒をする
  4. しっかり乾燥させる

お手入れのポイントは1のまな板の汚れをしっかり落とすで、木製のまな板はたわしで、プラスチック樹脂のまな板はスポンジで優しく洗うことです。

大体の汚れを水でさっと洗い流し、塩や重曹、除菌効果の高い洗剤を使うようにしてください。

日頃からお手入れをしっかりとすることで掃除はすごく簡単になると思います。

日頃からまな板を清潔に保ち、臭いの予防対策をしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

  • 魚をさばいた後にまな板に残った臭いを取る方法は、流水後に洗剤で洗う方法や酢水で洗う方法など4つある
  • 魚をさばいた後に手に残った臭いを取る方法は、レモンなどの柑橘系の果汁で洗う方法や酢水や塩で洗う方法など8つある
  • 部屋に残った臭いを消す方法は、よく換気をする方法や酢水で拭き掃除をするなど5つある
  • まな板が臭くなる原因はまな板についている「傷」
  • まな板に傷がつかないようにする方法は、牛乳パックを乾燥させて切り開きその上でさばく方法とまな板シートを使う方法がある
  • まな板はできれば一日に一回はお手入れするようにするのがいい
  • まな板のお手入れの方法は、しっかり汚れを落としてすすぎ、殺菌・消毒をしてから乾燥させる

まな板についた魚の臭いが取れたり、部屋の臭いも取れるなら魚をさばくのに挑戦してもいいかなと思いますよね。

私も意外に楽だと思ったので今度チャレンジしてみようと思いまいした!

あなたも魚をさばいて料理に挑戦してみてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました