ミントティーは妊娠中に飲んでも大丈夫⁉注意点や効果もご紹介

食生活

あなたはミントティーはよく飲みますか?スッキリとした味わいがとても良いですよね。

でも妊娠中の人はカフェインを摂らない方がいいとされていて飲んでいいのか不安になりますよね。

実はミントティーにはカフェインが含まれていないため妊娠中に飲んでも大丈夫なんです!

しかし、ミントティーの効果には妊娠中のつわりを和らげるいい効果もありますが、避けるべき効能もあるので注意して飲む必要があります。

今回は妊娠中の人が飲む時の注意点やミントティーの効果、おすすめのアレンジレシピについて紹介していきたいと思います。

妊娠中の人もそれ以外の人もミントティーを安心しておいしく飲むことができるようにぜひ最後まで読んでいってくださいね♪

スポンサーリンク

ミントティーは妊娠中に飲んでも大丈夫⁈注意点も

ミントティーはカフェインが含まれていないので、カフェインをあまり摂取しない方がいい妊娠中でも飲むことができます。

妊娠中には、つわりやむくみ、便秘、貧血、不眠などのマイナートラブルに悩まされることが多いです。

症状がつらくても薬で緩和させるのはどんな影響があるのかわからないので避けたいですよね。

そんな時にミントティーやたんぽぽ茶などのハーブティーがおすすめです。

ミントティーは妊娠初期に飲むことがおすすめです。

妊娠初期は、つわりで口の中が気持ち悪かったり、体調が安定せずストレスがたまったりする人が少なくありません。

この時期には、味覚や嗅覚にやさしい、香りや味のくせが少ないものがおすすめです。

ミントティーは、さっぱりとした後味が特徴のハーブティーです。

リラックス効果も期待できるので、妊娠初期に飲むと気分をリフレッシュさせることができますよ。

しかし、子宮収縮作用があるので飲みすぎないようにしてください。

妊娠中に飲む際には1日に1~2杯程度にするようにしましょう。

また、出産後にはミントティーを飲むのは控えた方がいいとされています。

なぜならば、ミントティーには断乳作用があるとされているからです。

そのため、出産後にミントティーを飲みたいと思っても卒乳後から飲むようにしましょう。

妊娠中には少しでも不安になるようなことはしたくありませんよね。

飲みたいけど不安があるなという時には、医師に確認してから飲むようにしてください。

また、これから妊娠するかもしれないというあなたも覚えておいて損はない知識なので、覚えておきましょうね。

妊娠中に飲まない方がいいハーブティーをご紹介

ハーブの中には、妊娠中や出産後に控えた方がいいとされるものがあります。

ハーブティーには、種類によって、鉄分やミネラル、食物繊維が含まれているものやリラックス効果などいい影響を与えてくれるものもあります。

しかし、ハーブティーの中には、子宮収縮作用があるものもあるので、購入の際には医師などに確認するようにしてくださいね。

避けたいものや医師に確認した方がいいハーブティーには、子宮を収縮させたり、中絶作用があるものがあるので避けるべきものとして挙げています。

今回は、飲まない方がいいハーブティーを作用の強さで3つに分けて紹介していきたいと思います。

妊娠中に飲むのを避けたいハーブティーは2種類あります。

  • セージ茶
  • セントジョーンズワートティー

この2種類はできるだけ飲まないようにしましょう。

次に、大量摂取を避けたいハーブティーを紹介します。大量摂取をさけたほうがいいハーブティーは5種類あります。

  • カモミールティー
  • ローズマリーティー
  • タイムティー
  • ハイビスカスティー
  • センナ茶

最後に専門家や医師に確認したいハーブティーを紹介します。確認したいハーブティーは3種類です。

  • リコリス
  • レモングラス
  • ラベンダー

摂取量は妊婦さんそれぞれの体調や体質によって変化するので、飲む前に確認するようにしましょう。

また、妊娠中には控えた方がいい成分は、商品パッケージの注意書きなどに書かれているので確認するようにしてください。

妊娠中は子供のことも考えて様々なことに注意しなければならないので、少しでも不安がある時には確認したり、飲まないようにしましょう。

また、妊婦さんにプレゼントをする時にも、注意点等を調べて渡すようにしたいですね。

スポンサーリンク

ミントティーの効果は中枢神経の刺激やリラックス

ミントティーには様々な種類があり、ミントの種類によって効果効能が変わります。

ここでは、一般的に多くの人に飲まれているペパーミントティーとスペアミントティーの2種類について紹介したいと思います。

ペパーミントティーの効果・効能には↓のようなものがあります。

  • 中枢神経の刺激
  • 筋緊張の緩和
  • お腹のハリの解消
  • 胃の機能活性化
  • 抗菌作用
  • 殺菌作用
  • 胆汁分泌・排出力のアップ
  • 発汗作用
  • 抗アレルギー作用

もう一つのスペアミントティーの効果・効能は↓のようなものがあります。

  • 心身のリフレッシュ
  • リラックス効果
  • 消化促進

ペパーミントティーはメントールでシャキッとした感じで、スペアミントティーは少し角を丸くしたスーッとした感じのハーブティーです。

私はミントティーについて調べてみて、ミントティーにこんなに多くの効果や効能があるのに驚きました!

あなたもスッキリしたいなという時などに飲んでみてくださいね。

スポンサーリンク

ミントティーのおすすめアレンジレシピ3選

まずは、スタンダードなミントティーの入れ方を紹介したいと思います。

  1. ティーポットに好みの量のミントを入れる
  2. ポットにお湯を入れて3~5分蒸らす
  3. 適度に黄緑色になったら完成

ミントティーの入れ方って思っていたよりも簡単ですよね!

ミントが手に入ったらぜひあなたも作ってみてくださいね♪

次におすすめのアレンジレシピを3つ紹介していきたいと思います。

  • 紅茶のミントティー
  • ミルクティー(牛乳+バニラアイス)
  • ミントココア(ココア+ホイップ)

それぞれのレシピの作り方を説明していきます。

〈紅茶のミントティー〉

紅茶のミントティーの作り方は、まず好みの紅茶を淹れます。

次に別のポットにミントを入れ、そこに先に準備していた紅茶を注ぎ、3分ほど蒸らしたら完成です。

スタンダードな作りかたのお湯を紅茶に変えるだけですが、まったく違う飲み物みたいになるそうですよ!

紅茶でミントティーを入れるなんて発想がなかったので意外な感じですが、なんだかおいしそうですよね。

〈ミルクティー(牛乳+バニラアイス)〉

ミルクティーは作ったミントティーに牛乳を足すだけの簡単なレシピです。

バニラアイスを上に載せてフロートアイスティーにしても高級感のあるミルクティーになりおいしく飲むことができるのでおすすめです。

ひと手間かけるだけで高級感がでるなんてとても良いですよね。

〈ミントココア(ココア+ホイップ)〉

最後にミントココアの作り方を紹介したいと思います。

このレシピもココアにミントティーを混ぜるだけの簡単なレシピです。

美味しく作るポイントとしては、ココアの味に負けないように少し濃いめに出すことです。

私は調べてみて、ミントココアが気になったので今度作ってみたいと思いました!

どのレシピも簡単に作ることができるおすすめレシピなのでぜひあなたも挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • ミントティーは妊娠中でも飲むことができるが、妊娠中に飲むのならば妊娠初期がおすすめ
  • 出産後は断乳作用があるため控えた方がいい
  • 妊娠中に避けた方がいいハーブティーや医師に飲むことを確認した方がいいハーブティーもある
  • ペパーミントティーには、中枢神経の刺激や筋緊張の緩和、スペアミントティーには、心身のリフレッシュ効果やリラックス効果がある
  • この記事では、ミントティーのおすすめアレンジレシピを3つ紹介している

私はまだ妊娠したことがないのでつわりの症状等に実感は持てませんが、お茶で症状が軽くなるのはとても良いですよね。

また、普段からミントティーを飲むのも、リフレッシュ効果などが得られるのでとても良いと思いました!

あなたもミントティーを飲んでスッキリとした気持ちになりましょう♪

タイトルとURLをコピーしました