オーブントースターの余熱は取扱注意!予熱で実際に料理を作ってみた!

住まい・生活

食パンをオーブントースターに入れておけばすぐに焼き上がるので、忙しい朝でも便利ですよね。

その時、ちょっと目を離してしまって気づいた時には真っ黒こげになったこと、ありませんか?それ、オーブントースターの余熱による仕業です。

ところで、同じ発音ですが予熱という言葉もあります。予熱と余熱、明確な違いがあったのを知っていましたか?

実は、余熱とは加熱調理をした後に、調理器具や食材に残っている熱のこと、予熱は調理する前に温めておくことです。全然意味が違いますね!

この記事では、オーブントースターを使った調理法をご紹介します。この記事を読めば、あなたの料理のバリエーションが増えること間違いなしです!

初心者の私もクッキーをオーブントースターで作ってみたので、そちらも併せて読んでみてください!

スポンサーリンク

オーブントースターの余熱と予熱は異なるもの

漢字変換の時に「余熱と予熱、どっちだろう?」と思われたこと、ありませんか?同じ発音ですが、全くの別物です。

余熱とは加熱調理をした後に、調理器具や食材に残っている熱のこと、予熱は調理する前に温めておくことです。

なので、調理する前に加える熱は予熱、調理した後に残っている熱は余熱と覚えておけばOKですね。

さて、この記事を読んでくれているあなたに質問です。

オーブントースターを使う場面が、トーストを焼くだけだったり、揚げ物を温めるだけだったりしていませんか?

もし、答えが「はい」でしたら、焼くだけのオーブントースターの使い方は勿体無いです!

実はオーブントースターはヒーターを使って温める調理器具なので、余熱や予熱をうまく使って料理の幅を広げることができます。

でも、オーブントースターを利用した調理法があまりメジャーではないのは事実です。その理由は、温度管理がなかなか難しい点にあるからです。

では、ヒーターの温度や温度管理の仕方ができるようになったら、オーブンの代わりにオーブントースターで様々な料理があなたご自身で作れるということですよね!

ということで、私、色々と調べてみました!その基礎的な内容を次の項目でご紹介します。

スポンサーリンク

オーブントースターの温度とワット数は比例する

オーブントースターの余熱や予熱を利用する際に気をつけなければならない点があります。

それはオーブントースターの特性と出力温度です。この2つについて解説していきますね!

<オーブントースターの特性>

オーブントースターの特性として挙げられるのは、最高温度になるまでずっとヒーターが稼働し、温度が上がり続けるという点です。

これはオーブンと全く異なる点でして、オーブントースター内の温度は安定しないということなのです。

そのため、オーブントースターは急激に温度が上がってしまうということも頻繁に起こってしまいがちなので、使用している時には目を離してはいけないのです。

冒頭でお話しした、ちょっと目を離したらトーストが真っ黒になってしまうという現象も、このオーブントースターの特性によるものだったのですね。

<オーブントースターの出力温度>

オーブントースターのワット数や温度調節機能がついたものがありますが、まとめると下のようになります。

ワット数で区分すると
  • 500Wだと最高で180度くらい
  • 1000Wだと最高で230度くらい
  • 1200Wだと最高で260度くらい
温度調節で区分すると
  • 低温だと140度〜160度くらい
  • 中温だと170度〜190度くらい
  • 高温だと200度〜250度くらい

温度の幅があるのは、メーカーによって異なるからです。所有しているオーブントースターの出力温度が知りたい場合は取扱説明書を確認しましょう。

ちなみに、私が使用しているオーブントースターには本体のシールに説明書きがあり、そこにヒントが書かれていました。

ガラス窓表面が200度くらいになるということなので、オーブントースター内は最高で200度よりも高くなっていることがわかります。

オーブントースターの出力温度なんて考えたことが無かったです。メーカーでもバラバラだなんて知らなかったです。

もし複雑な料理をオーブントースターで行うのでしたら、温度は知っておくべきですね。

これでオーブントースターの特性や出力温度の目安がわかりましたね!

次の項目では、予熱が必要な料理がオーブントースターで作れちゃうことをご紹介しますね♪

スポンサーリンク

オーブントースターは代用で要予熱の調理もできる!

オーブントースターはオーブンの代用機器として使うことができます。

オーブントースターで作れる料理
  • クッキー
  • たまごスフレ
  • キッシュ
  • 焼き芋
  • グラタン
  • パン などなど

これらの料理ですが、オーブンでもし調理するとしたら予熱を必要とするものばかりです。

予熱とは、あらかじめ温めておくことなので、オーブントースター内を温めておけば予熱の条件はクリアできます。

しかし、オーブントースターは温度を一定に保つのが苦手なので、できるだけ目を離してはいけないというデメリットがあります。

どのくらいの難易度なのか、実際に私がオーブントースターを使って作ってみました!

ちなみに、オーブントースターでトーストを焼く以外の調理法を行うのは初めてでした。

もしあなたが、私と同じようにオーブントースターで複雑な調理をしたことがない場合、私のレポートが参考になるかもしれませんね。

オーブントースターを代用してお菓子を作ってみた

今回作ってみたのはホットケーキミックスを使ったクッキーです。これを選んだ理由は、簡単に作れそうと思ったからです。

実際、味は私好みの美味しいお菓子が出来ました♪外はさくさく、中はフワッとした、スコーンのような感じになりました。

クッキーを作ったはずなのにどうしてスコーンのようになったかと言いますと、これは単純に私のズボラさが生んだものです。

大雑把にせず、ちゃんと分量を守ったらクッキーになると思います。では、今回の私のレシピを紹介します。

材料
  • ホットケーキミックス 200g(市販のものを1袋)
  • 砂糖 15g
  • マーガリン 70g
  • 牛乳 大さじ3くらい

色々ツッコミどころのあるレシピですが、温かい目でみてください(汗)

例えばですが、本来、バターを使うべきのところをマーガリンで代用しています。

これは単純に、マーガリンの方がバターよりも安かったからです。なので、食塩が入っています。

あと、牛乳の分量が「大さじ3くらい」と書いたのは、目分量だからです。

お菓子作りが好きな私の母がこの事実を知ったら、おそらく私は母から説教されるでしょう。

実際、だいぶ生地が緩くできてしまいました。ギリギリ形を留めている状態でした。

これらの工程があったので、クッキーというよりスコーンのような感じになりました。

でも、スターバックスのスコーンのような味や食感が再現できたので、これはこれで私は満足しています。

ただ、私のは今回たまたま成功しただけだと思うので、失敗しないためには分量は守った方がいいです。

私は、ちょっと冒険してみたくなってしまうので、また色々はみ出したことをやると思いますが(笑)

さて、話を戻しますが、調理方法は次の通りです。とても簡単です。作ってみて、とっても楽しかったです♪

作り方
  1. マーガリンをドライヤーで溶かす
  2. 全ての材料をポリ袋に入れ、しっかりと揉み込んで生地を作る
  3. 平たく伸ばし、冷蔵庫で20分ほど冷やす
  4. 冷蔵庫から取り出し、3mmくらいの厚さに伸ばし、型抜きをする
  5. 天板にアルミ箔を、その上にクッキングシートを敷き、型抜きした生地をのせる
  6. アルミ箔で生地の上側を覆う(焦げないようにするため)
  7. 1分ほど予熱したオーブントースターに入れ、7〜10分ほど焼く
  8. 焼けたらすぐに天板から下ろし、粗熱をとって完成

このように、オーブントースターはオーブンの代用として利用するのに問題はないと思います。

しかし、オーブンと全く同じ使い方をしてしまうと失敗するので、私が今回作ってみて感じた、オーブントースターで代用するメリットとデメリットを紹介します。

<メリット>

実際にオーブントースターを使って料理をしてみて、私が感じたメリットは2点あります。

メリット
  1. 手軽にできる
  2. すぐに焼ける

1つ目は、手軽にできるというところです。私は一人暮らしで、料理を本格的にやったことがないので、高価な調理器具を購入することに抵抗がありました。

でも、オーブントースターなら手軽に購入でき、初めての場合でもハードルが下がってやりやすいような気がしました。

ちなみに、私のオーブントースターは新品で1,500円くらいでした。Amazonのセールで定価の半額で買えました♪

メリットの2点目はすぐに焼けるということです。オーブンだと、予熱にまず時間がかかり、さらに焼くのに時間がかかります。

それに対し、オーブントースターだとたった1分で予熱ができ、焼くのにも10分かからなかったです。

焼くだけだったら10分なので、朝ご飯にスコーンというのもありだなと思いました。

焼きたてのスコーンに紅茶を入れたら、本格的なイギリスの朝食みたいでおしゃれです。朝からウキウキしますね♪

<デメリット>

次に、私が感じたデメリットは全部で3点あります。

デメリット
  1. 初回は失敗する可能性が高い
  2. 一度にたくさん焼くことができない
  3. 焼いている途中で目を離すことができない

まず1つ目は、初回は失敗する可能性が高いということです。

下の写真を見てください。今回私が作ったお菓子の焼け具合です。

左側のお菓子が初回に焼いたもの、右側のが2回目に焼いたものです。左側のはほぼ焦げていることがわかりますね。

理由ですが、1回目は天板に直接クッキングシートを敷いてから焼いたのですが、天板が非常に熱くなり、焦げてしまったようです。

なので、2回目以降は天板とクッキングシートの間にアルミ箔を敷くことで、焦げるのを防ぐことができました。

このように、初めての場合は火力が掴めないため、成功したらラッキー、というくらいの心づもりの方がいいかもしれませんね

それで、もし初回に失敗してしまっても、工夫をすればなんとかなります。

大体火力が強すぎるということだと思いますので、アルミ箔で調整してみましょう。

2つ目は、一度にたくさん焼くことができないという点です。

これは、オーブントースターの大きさに依存するものだと思いますが、オーブンより焼ける量が少ないのは明らかです。

3つ目は、前の項目でもお話した通りですが、焼いている途中で目を離せないという点です。

すぐに焼ける分、焦げてしまう可能性もオーブンに比べて高いため、十分注意が必要だと思います。

初めから多く作らずに、試作をしてから調理するといいですよ!

オーブントースターの余熱を使った調理法と注意点

オーブンと異なり、オーブントースターは上限温度になるまでヒーターで温め続け、その温度になったらヒーターが切れるという単純な構造です。

そのため、温度を一定に保つということが苦手なため、余熱を利用するにしてもすぐに冷めてしまいます。

コントロールがなかなか難しいので、それを使った調理法はなかなか生み出されないかと思います。

そのように扱い難易度の高いオーブントースターの余熱ですが、おもちを焼くときに重宝することが調べていてわかりました!その手順をご紹介しますね!

<オーブントースターでお餅を焼く時の温度や注意点>

オーブントースターでおもちを上手に焼く方法は下のようになります。

1. 天板を使わずに、ワイヤーラックの上にアルミ箔を敷いておもちをおく
2. アルミ箔は、ヒーターに触れないように切ってから使用する
3. ヒーターの真下におもちを置かないように気をつけながら配置する
4. ふくらみすぎると焦げるので、様子を見ながら調整する
5. タイマーが切れてから2分ほど、余熱で温める

それぞれの操作には失敗しないための防止策がなされていますが、ひとつずつ説明しますね。

<天板を使わない理由>

天板を使用するとおもちが天板にこびりついたり焦げ付きやすくなったりするからです。

<ワイヤーラックにアルミ箔を敷く理由>

アルミ箔を敷く理由ですが、その下にあるヒーターにおもちが落ちないようにするためです。

ワイヤーラックに直置きでもよさそうですが、ヒーターにおもちが落ちてしまうと出火の原因になってしまいます。

また、同じ理由ですが、アルミ箔をヒーターに当ててしまっても発火の原因になってしまうので、当たらないようにちょうどいい大きさに切りましょう。

<ヒーターの真下に置かない理由>

ヒーターの真下が一番火力が強いです。そのため、真下におもちを置いてしまうとすぐにその部分だけ火が通ってしまい、焦げの原因になります。

<余熱で仕上げをする理由>

余熱で温めることで、中心まで熱が届きます。そのため、外側はパリパリ、中はもっちりとした仕上がりになります♪

オーブントースターの余熱でこのような調理方法があるとは今まで知らなかったので、今度やってみたいと思いました!

オーブントースターでいろんな料理が作れそうな気がしてきました!

スポンサーリンク

まとめ

  • 余熱は調理後に調理器具などに残っている熱のこと、予熱は調理前に予め温めておくことを指す
  • オーブントースターはメーカーによって最高温度はバラバラであるので取扱説明書などで確認すると安心
  • オーブントースターはオーブンの代用として利用が可能で、その料理の種類はクッキー、たまごスフレ、キッシュなどたくさんある
  • オーブントースターは手軽にできる反面、すぐに高温になるために目を離してしまうと失敗する可能性がある
  • オーブントースターの余熱の取扱は難易度が高いが、おもちを焼くのに適している

オーブントースターを使って料理するときになんとなく難しそうな印象がありました。

しかし、今回、実際に調理してみて、その原因は出力している温度がどのくらいで、ヒーターの火力がどのくらいなのかいまいち把握できていないからだと思いました。

余熱を使いこなすにはなかなか難しいかと思いますが、予熱はタイマーを回すだけなので簡単に使えます。

トースターだけでなく、さまざまな料理ができちゃうことも今回わかりました。あなたも、オーブントースターを使って今まで作ったことのない料理を作ってみませんか?

タイトルとURLをコピーしました