スーパーフードには欠点もある!?メリットや取り入れ方も紹介

食生活

あなたはスーパーフードについて知っていますか?

あんまり身近にないから馴染みがない食品だな~。

体に良さそうだけど、取り入れ方が難しそうだし、高そうだからなかなか手が出ないな~。

あなたもスーパーフードについて、こんな風に思っているのではないでしょうか。

私も気になっていますが、挑戦する機会がなく、試したことがないんですよね。

今回は、そんなスーパーフードについて、欠点やメリットなどについて解説していきたいと思います。

スーパーフードにはいい所だけではなく、価格の高さや過剰摂取がNGなどの欠点もあるんです。

どんな食品にも欠点もいい所もあります。ここでスーパーフードについて様々なことを学んで、ぜひ日常に取り入れてくださいね。

スポンサーリンク

スーパーフードの欠点やメリットについて紹介

ここでは、スーパーフードの欠点やメリットについて紹介していきたいと思います。

スーパーフードにはいい所だけではなく、欠点もあります。

まず、スーパーフードの欠点は↓の3点になります。

スーパーフードの欠点
  • 価格が高い
  • 購入できる場所が少ない
  • 過剰摂取は体に悪い

食品は、安心、手軽、手頃な値段であることが理想ですよね。

スーパーフードは高く、簡単に手に入らないイメージがありますね。

しかし、大手のスーパーマーケットでもチアシードやキヌアなどの有名なものは比較的安価で手に入るようになりました。

また、オンラインショップでも幅広い商品が展開されており、豊富な種類から購入ができるようになりました。

過剰摂取については、体にいいと言われるものでも食べすぎには注意するようにしてください。

また、アレルギーを持っているあなたは自分の体に合うかどうかを専門家に相談するのもいいかもしれません。

スーパーフードを食べる時には、体にいいとしても「極端な食べ方はしない」ということは忘れないようにしてくださいね。

次にスーパーフードのメリットは↓の3点あります。

スーパーフードのメリット
  • 植物に含まれる栄養素を取り込むことができる
  • 効果的に栄養を摂取できる
  • 健康や美容面で効果が期待できる

スーパーフードには、やはりメリットがありますよね!

スーパーフードは栄養価の高さは群を抜いているということが出ます。

しかし、いくら栄養が豊富であってもスーパーフードは薬やサプリメントではありません。

スーパーフードは、料理の食材としての用途と健康食品としての用途を併せ持っている食品のことです。

なので、ぜひあなたも料理に取り入れて健康や美容を目指してみてくださいね。

スポンサーリンク

スーパーフードとは何?代表的な10個も紹介

まず、スーパーフードとしての定義には2つあります。

1つ目は栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること、あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

2つ目は、一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつことです。

ここで紹介するスーパーフードの種類は、プライマリースーパーフード10と呼ばれるものです。

プライマリースーパーフード10とは、一般社団法人日本スーパーフード協会がスーパーフードを代表するものとして推奨しているものです。

代表的とされるスーパーフードは↓の10個です。

  • スピルリナ
  • マカ
  • クコの実(ゴジベリー)
  • カカオ
  • チアシード
  • ココナッツ
  • アサイー
  • カムカム
  • ブロッコリースーパースプラウト
  • 麻の実(ヘンプ)

スーパーフードにも様々な種類があるんですね!

ここでは、いくつかをピックアップして効果を紹介していきたいと思います。

スピルリナ

スピルリナとは、約35億年以上も前に誕生した「地球最古の植物」とされる藻の一種です。

ビタミン、ミネラル、タンパク質などの5大栄養素をはじめ、食物繊維、不飽和脂肪酸、抗酸化作用を示す植物性色素など栄養成分が50種類以上含まれています。

見た目は緑色をしており、タブレットやパウダーとして販売されています。

マカ

マカとは、ペルー原産のアブラナ科の植物で、アンデス高地という過酷な環境で栽培されているからか生命力豊かです。

男性向けのイメージもありますが、実は鉄分やカルシウムなど女性に特に必要なミネラルを含んでいます。

ほのかな甘みや香ばしさを感じる味で、様々な料理と合わせやすいスーパーフードです。

チアシード

チアシードは、スーパーマーケットでも手軽に購入できるスーパーフードです。見た目はゴマに似ていますね。

オメガ3脂肪酸や食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれるので便秘などに効きます。

また、水に浸けると10倍ほどに膨張しジェルのようなぬるっとした状態になることで膨張感を感じることができ、食事の量を減らすことができるのでダイエットにも効果的です。

ただ、食べすぎると膨らみによりお腹が苦しくなる可能性もあります。スープやデザートに適度に使うようにしてくださいね。

クコの実

クコの実(ゴジベリー)は、杏仁豆腐や薬膳スープなどに入っている赤い実のことです。

原産国の中国では、3000年以上も前から「不老長寿の妙薬」として漢方や生薬として使われてきました。

身近に使われる食材が中国では妙薬として使われていることに驚きますよね。

抗酸化作用が強いポリフェノールやビタミン、ミネラルが豊富なので美肌やエイジングケアの効果が期待できます。

しかし、過剰摂取をしてしまうと、体が火照る、月経促進などの症状が出ることもあるので妊娠中の女性は特に気を付けて摂取するようにしてください。

アサイー

アサイーは少し前にブームになったことを覚えていますか?

アサイーとは、ヤシ科でブルーベリーに似た外観をしている食べ物です。

抗酸化作用があるアントシアニンや鉄分、食物繊維を豊富に含んでいます。

スムージーやアサイーボウルなど商品化されているものが多いので、スーパーフードを試してみたいと思っている初心者のあなたにもおすすめです!

スーパーフードの種類や効果についてわかりましたか?

スーパーフードもそれぞれに効果が違うので、あなたの気になるスーパーフードに挑戦してみてくださいね♪

スポンサーリンク

スーパーフードは栄養豊富!日々の取り入れ方を紹介

ここでは、スーパーフードの栄養を日常に取り入れていく方法を紹介していきたいと思います。

今回は、市販でも目にすることの多いスピルリナ、チアシード、キヌア、クコの実、アサイーの5つのスーパーフードについて取り入れ方について解説していきます。

スピルリナ

スピルリナはパウダー状で売られていることが多いです。

植物性ですが、タンパク質が豊富でビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が豊富に含まれています。

取り入れ方のおすすめは、少量をデザートやジュース、スムージーに混ぜたり、魚介類のカレーなどに振りかけて食べる方法です。

スピルリナは、老化の原因となる酸化を緩やかにしてくれる抗酸化物質や、髪や肌などの細胞を作るタンパク質が豊富に含まれているので若々しさを保つことが期待できます!

キヌア

キヌアは南米原産の全粒穀物で、五大栄養素や必須アミノ酸をバランスよく含むことが特徴のスーパーフードです。

玄米と比べてもタンパク質やカルシウム、食物繊維などほとんどの栄養素の保有量が多いですがカロリーは若干低めです。

栄養素が多いのにカロリーが低いのはとてもうれしいですよね!

また、低GIで腹持ちがいいことやインスリンの分泌を抑えることができることから太りにくい食材ということができます。

しかし、キヌアには、赤血球を破壊する性質を持つサポニンも多く含まれているので、調理の際には十分な水洗いと加熱調理が必要です。

若干独特な風味を感じることもあるので、初めは白米に混ぜたり炊き込みご飯にしたり、シチューやスープに足したりすることがおすすめです。

炊く時に少量のオリーブオイルと塩を足すのもいいと思います。

チアシード

チアシードは、小さい種ですが、浸水させると10倍くらいに膨らんでジェル状になります。

そのため、ヨーグルトやジュース、スープなどの水分の多いものと相性がいいです。

入れる時には、小さじ1~大さじ1のチアシードを入れるようにしてください。

チアシードに含まれているグルコマンナンという食物繊維の効果を得るために水分を摂取させた上で摂るのがおすすめです。

水分を多く吸収し、よく膨らむので少しずつ口に入れるようにしてくださいね。

クコの実

クコの実は、実を乾燥させた状態で売ってあることが多いです。

生薬なので、食べすぎるとお腹が緩くなるなどの影響が出ることもあります。

自分の体と相談しながら最初は10g程度の少量から摂取することをおすすめします。

食べ方としては、ナッツ類や他のドライフルーツと一緒にそのまま食べたり、白ワインに入れて飲んだり、ジャムにしてヨーグルトと一緒に食べる方法などがあります。

簡単に摂取することができるので、毎日取り入れたいと考えてるあなたに最適なスーパーフードです!

アサイー

アサイーは、冷凍や濃縮ジュースなど加工食品として売られていることがほとんどです。

食べ方としては、ヨーグルトにかけたり、ほかのフルーツなどとスムージーにして食べることができます。

保存も冷凍や冷蔵で1ヵ月程度日持ちするので、試しに買ってみるのもいいかもしれませんね。

それぞれのスーパーフードの取り入れ方はわかりましたか?

それぞれにおすすめの取り入れ方があるのでぜひあなたも取り入れてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

  • スーパーフードには、価格が高い、購入できる場所が少ない、過剰摂取は体に悪いという3つの欠点がある
  • スーパーフードには植物に含まれる栄養素を効果的に取り込むことができるなど3つのメリットがある
  • この記事ではプライマリースーパーフードというスーパーフードの代表的なものを10個紹介している
  • スピルリナ、マカ、チアシード、キヌア、クコの実、アサイーについて特徴や取り入れ方を紹介している

スーパーフードについて欠点や取り入れ方などがわかりましたか?

私はスーパーフードには欠点もメリットもあり、それぞれに特徴や取り入れ方が分かって身近なものに感じました!

ぜひあなたもスーパーフードを日々の生活に取り入れて健康な生活を送ってくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました