保存版!!ヨギボーのビーズの補充頻度について紹介!!やり方の解説も!

住まい・生活

あなたはヨギボーを使ったことはありますか?私は興味があるので今度買ってみようと思っています。

私は一人暮らしをしているのですが、ヨギボーがあれば、ゆったりと包み込まれる幸せを感じながら読書なんかもできそうですよね。

この記事を読んでいるあなたはヨギボーを持っていたり、私と同じようにこれから買おうと思っているのかもしれませんね。

そんなあなたはヨギボーのビーズは補充が必要なことをご存じでしたか?

実は、ヨギボーのビーズは、早い人は2、3か月の頻度で補充をしないといけないんです!

今回は、ヨギボーのビーズの補充頻度や補充の方法などについてお伝えしていきたいと思います。

ぜひこの記事を最後まで読んで、補充頻度などを確認し、最高なヨギボーのある生活にしてみてくださいね♪

ヨギボーのビーズの補充頻度は早い人で2か月に1回⁉

ヨギボーを長年使っていると使用感に変化を感じてくるのではないでしょうか?

ヨギボーのビーズは発泡スチロールでできているため、使ってくるうちにへたってきてしまうのです。

座り心地の変化やへたれが気になってきたという方はビーズの補充をする必要があるかもしれません。

ここでは、ヨギボーのビーズの補充頻度について公式からの回答をもとにお伝えしていきたいと思います。

ヨギボーのビーズ補充頻度ですが、体格や使用頻度によって異なるため、一概に言うことはできませんが、早い人で2、3か月で補充するそうです。

人によっては、1年半から2年くらいで追加される方もいるそうです。

使用する人の体格や使用頻度などで大きく個人差が出るようなので、自分の使い方によって適度に補充・交換するようにしてくださいね。

飛んだり、跳ねたり、力を加えすぎるとへたりを早めるため、あまりしない方がいいかもしれません。

また、ヨギボーのサイズによっては、使う人が大人数になり、より負担がかかるようになります。

今回調べてみて、ヨギボーのビーズの補充頻度は使う人や使い方によって大きく異なることに驚きました!

ヨギボーを持っているあなたは自分の使い方を思い出してみて、ビーズの状態を確認してみてくださいね。

ヨギボーのビーズを補充するタイミングは?

ヨギボーのビーズの劣化は見ただけではわかりません。インナーを開けて目で確認する必要があります。

また、インナー生地やアウターカバーの上から触って劣化具合を把握することも難しいです。

インナー生地とは、アウターカバーの中にある、ビーズが入っている白の物です。

インナーの上から触っても劣化がわからないのは意外ですよね。

また、ビーズの劣化具合はわからなくてもへたりは見た目でわかるので、買ったときに比べてへたってきたなと思ったときに替えるのもいいと思います。

さらにポイントとしては、へたりが気になりビーズを補充する前にアウターカバーの洗濯・乾燥をすることもおすすめです。

洗濯・乾燥をすることで生地が少し小さくなるためへたりが気にならなくなる可能性があります。

しかし、洗濯・乾燥をしてもへたりが戻らないという時にはビーズの補充をするようにしてください。

ヨギボーのビーズの交換はへたりが気になったり、座り心地が悪いなとおもったときに行うと覚えておきましょう!

ヨギボーのビーズの補充のやり方はとっても簡単!!

ヨギボーのビーズの補充のやり方についてご紹介してきたいと思います!

  1. メガホンを組み立てる
  2. カバーの取り外し
  3. ジッパー側を上に持ち上げる
  4. インナーのファスナーを開ける
  5. メガホンを装着する
  6. ビーズを補充する
  7. 終了

作業工程が多いので難しそうに思うかもしれないですが、意外と簡単に作業をすることができるので安心してくださいね。

これからはより詳しくやり方を解説していきたいと思います!

まず、ヨギボーのビーズの補充は2人以上で行うことをおすすめします。

1人でもできますが、2人以上で行うと速く、安全に行うことができます。

1.メガホンを組み立てる

メガホンとは、ビーズを購入する際についてくる扇形のもので、裏に解説文が書いてあってマニュアルのように見えるものです。この扇形のものを丸めてメガホンの形にします。

これがあればビーズをこぼさずに入れられそうで助かりますよね。

無くても作業できますが、補充の作業が大変になってしまうので必ず組み立てるようにしましょう!

2.カバーの取り外し

ヨギボー本体を横に倒し、外側についているジッパーを開けインナーカバーを取り出す作業になります。

立てながらだと作業がやりにくいので、横にして作業を行うことをおすすめします。

また、外したアウターカバーは洗濯することができるので、ビーズを交換する際に洗濯するのもいいかもしれないですね。

3.ジッパー側を上に持ち上げる

この作業では、ヨギボーを立ててください。立てることにより、中のビーズが下に行き、上にスペースをつくることができます。

この作業をしないとインナーカバーを開けた際にビーズが出てきてしまう可能性があるのでしっかりとビーズが下に行くようにしてくださいね。

4.インナーのファスナーを開ける

この作業をするときはファスナーにクリップや安全ピン等をひっかけるようにして開けてください。

ヨギボーのインナーのファスナーには持ち手がなく、開けるのが大変です。

クリップ等を使わなくても開けることはできますが公式サイトでクリップを使用しているのでなるべく使って開けるようにしましょう!

また、ファスナーは約15㎝程開けるようにしてください。開けすぎると作業がしにくいので注意してくださいね。

5.メガホンを装着する

ここからは2人で行うようにしてください。2人でしないと作業が難しくなってしまいます。

この作業では、メガホンを差し、インナーカバーを上に引っ張り、ビーズを下に寄せ補充するスペースをつくります。

この際に余分に開いていたら、ビーズを注ぐ際に安定するようになるべく閉めるようにしてください。

6.ビーズを補充する

実際にビーズを注いでいきます。補充するビーズが入っている袋の口を10㎝程開け、1人がメガホンを持ち、もう1人がビーズを注ぎます。

メガホンを持つ人は、常にインナーカバーを上に引っ張りスペースを確保するようにしてください。

注ぐ人は、ビーズは満タンにせず、スペースが開くくらいに補充するようにしてください。

これでヨギボーのビーズの補充作業は終わりになります。

補充のやり方はわかったでしょうか?ここではヨギボーの公式の動画もご紹介しますね。

実際に作業する時には、こちらを見ながらやるとわかりやすいと思います!

引用 Yogibo【公式】

もし私がヨギボーを買って補充する時には友達に手伝ってもらってやろうと思いました♪

ヨギボーのビーズを補充する量はどれくらい?

これまでヨギボーのビーズの補充について説明してきました。

そこでビーズはどれくらいの量を購入したらよいのかや、どれくらいの値段がするのかなど疑問もあるのではないでしょうか。

ヨギボーのビーズは、オンラインストア及びヨギボーストアには、750g・1500g・3000gの3種類あります。価格は↓のようになっています。

  • 750g:2,750円(税込)
  • 1500g:5,280円(税込)
  • 3000g:9,790円(税込)

量が増えるごとに1g単位の値段は安くなるので、なるべく多い量を買うことがおすすめです。

しかし、余分に買っても保管する場所が必要になるので、購入する際には保管スペースを確認するようにしてくださいね。

補充の目安としては、ヨギボーマックスの1回の補充に約1000gのビーズが必要とされています。

自分が持っているヨギボーにどれくらい補充が必要なのかを考えて購入するようにしてくださいね。

また、ビーズの交換や補充がめんどう、あるいはビーズを保管するのがいやなあなたには便利なリペアサービスをおすすめします

少し値段は高くなりますが、郵送対応もしています。直接店舗に持っていき直してもらうことも可能です。

直接店舗でリペアサービスを受けることができる店舗は関西の御堂筋本町店(大阪府)と関東の八千代店(千葉県)のみになります。

リペアしてもらうことで新品同様の姿になって戻ってきてくれます!

ヨギボーのビーズは他のもので代用はおすすめしない!

ヨギボーのビーズを他のもので代用した場合、座り心地の感触の変化やビーズが詰まってしまう可能性、価格など様々な点に考慮が必要になります。

また、壊れてしまう可能性もあるのでビーズの代用はおすすめしません。

ヨギボーのビーズは決して安い買い物ではありません。

しかし、通常の値段よりも安く買う方法が2つあります!

1つ目は、送料無料のセールを活用することです。

ヨギボーではまれに送料無料のセールが行われます。通常は10万円以上の購入で送料が無料になるので、このチャンスはとっても貴重ですよね!

2つ目は店舗限定の無料配布や値引きセールで購入することです。

まれに閉店セールでリサイクルビーズの無料配布が行われることがあります。

ヨギボーのビーズは決して安くはないですが、座り心地など様々な可能性を考え、代用はせずにヨギボーのビーズを使用するようにしてくださいね。

まとめ

  • ヨギボーのビーズの補充頻度は早い人で2、3か月に1回
  • 1年半から2年で補充する人もいる
  • 使用する人の体格や使用頻度など個人により補充頻度は変わる
  • ヨギボーのビーズの劣化はカバーの上から触るだけではわからない
  • ヨギボーのビーズの補充作業は7工程で簡単にできる
  • ビーズの購入できる量は750g・1500g・3000g3種類
  • 使用感などが変わるのでビーズの代用はおすすめしない

今回、ヨギボーのビーズの補充頻度について調べてみて、長く使っていくためには、こまめなメンテナンスが必要だと思いました。

ヨギボーを持っているあなたも買ったときと座り心地が変わってきたなと思ったら交換・補充のタイミングかもしれません。

メンテナンスをしっかりとし、長くヨギボーのある生活を楽しむことができるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました