ヨギボーのカバーは洗濯できる?おうちでの洗い方を詳しくご紹介!!

住まい・生活

人をダメにするクッションことヨギボー。気になりますよね。

「ヨギボーを持ってるけど洗濯はしたことがない」「ヨギボーは欲しいけど洗うのがめんどくさそう」

わかります。ヨギボーに限りませんが、使っていれば汚れるし、お子さんがいる家庭では盛大に何かをこぼすことも多そうです。

ヨギボーの洗濯方法を調べてみると、丸ごとおうちで洗う方法を紹介した記事が!

待って!ヨギボーは丸ごとおうちで洗ったり、消臭スプレーをシュッシュ!なんてしたらかえって駄目になることも

「でも、おうちで汚れ解消をしたい!」…大丈夫です。ヨギボーのアウターカバーなら、おうちでも洗濯できます

これからヨギボーのカバーの洗濯方法を詳しくお伝えします。カバー以外もメンテナンスできるリペアサービスについても調べたのでご覧ください♪

ヨギボーのカバーは洗濯できる!その方法と注意点

最初にも書きましたが、ヨギボーのメンテナンスをおうちで全くできないわけではありません。

ヨギボー本体を洗えるわけではありませんが、アウターカバーは洗えるのです!準備するものは以下の3点です。

  • 洗濯ネット
  • 平干し用のネット(必要なら)
  • バスタオル(これは洗濯中に使います)

おうちでヨギボーのカバーを洗濯する3ステップ 

ヨギボーのアウターカバーの洗い方はとっても簡単!

  • その1、アウターカバーをえいや!と外す
  • その2、ネットに入れて「ドライコース」や「手洗いコース」で洗濯機を回す
  • その3、日陰で平干しする

ヨギボーのアウターカバーには種類がありますが、全てこの方法で洗うことができます。

おうちでヨギボーのカバーを洗う時の注意点  

アウターカバーがおうちで洗えるとはいっても、いくつか注意点があります。

  • 色移りするため、他のものとは洗わない
  • 色落ちを避けるため、温水、漂白剤を使わないで洗う
  • 洗ったあとはしっかり乾かす(カビが生えるため)
  • アイロンは使わない
  • 消臭スプレーはシミになりやすいから極力使用は避ける

また、繰り返しになりますがヨギボー本体は洗うことはできません。

乾かすのに時間がかかってしまい、カビが生えてしまうからです。

洗うことのできるアウターカバーも、注意点から分かるようにとても繊細なので優しく扱いましょう。

カバーを洗って乾かしている間の剥き出しのヨギボーは、バスタオルなどの上に置いておくか、洗い替えのカバーがあれば、ずっとヨギボーと一緒です!

ヨギボーのカバーを洗うタイミングはヘタってきた時 

ヨギボーのカバーを洗うタイミング、それは「ヘタってきた時」や「汚した時」「汚れが気になる時」です。他のものとあまり変わりません。

洗うのは「汚した時」や「汚れが気になる時」はわかるけど、「ヘタってきた時」はどうして?って思いますか?

ヨギボーのアウターカバーの素材は綿とポリエステル。

ポリエステルは汚れを吸いやすい素材。なので、たくさん座ったり抱きしめたりしている中で、どんどん汚れて、カバーは汚れてヘタって伸びていくのです。

そこで先ほどの3ステップを確認しながら洗いましょう!!

自分で洗うとサッパリしてとっても気持ちいいですよ。

えいや!と外して、手洗いコースで洗って、日陰で干して、もう一度カバーを装着すると、もちもちヨギボーのおかえりです!

ヨギボーのカバーの付け方は?1人で付けるコツ 

ヨギボーのカバーの洗濯、唯一の欠点は「伸縮性の戻ったカバーを1人で付けるのが力仕事で大変」ということです。

ヨギボーに限った話ではありませんが、大きなもののカバーを1人で付けるときには悪戦苦闘……私も1人でやると汗だくになってゼェハァ言いながらしています(汗)

楽に付けられる方法があれば知りたいと思いませんか?

そこで、アウターカバーを一人で付けるときのコツをご紹介します。

ヨギボー本体と洗い立てのカバー、そしてあなたの両手と、洗濯バサミをたくさん用意してください。

  • その1 カバーを裏返しにして、手を入れ内側の奥の角を掴む
  • その2 カバーの角を掴んだ手でヨギボー本体の手前(インナーカバーのチャックと反対側)の角をそれぞれ合わせて持つ
  • その3 カバーの手前の辺をヨギボー本体の手前の辺と合わせる
  • その4 合わせたところを洗濯バサミで固定しながらヨギボーを入れていく

この付け方の要は洗濯バサミ!洗濯バサミで固定することで、伸縮性が戻ってもちもちになったカバーがヨギボーからズルズルとずれてしまうという欠点を防げます!

こちらは洗濯バサミを使った方法ではないですが、アウターカバーを付けている公式の動画です。

こちらの動画の付け方も参考にカバーを付けてみてください

引用 Yogibo 【公式】

1番は2人で装着することですが、どうしても1人でやらなきゃいけない!という時に洗濯バサミ戦法を是非♪

ヨギボーのカバー以外のメンテナンス方法 

また、アウターカバーを洗濯しても中の汚れが気になる人もいると思います。

そんなときは汚れたらすぐに濡れたタオルでトントンと叩いて、汚れが落ちたら濡れたままにならないようによく乾かしてください。

それでも気になるというあなたには、とてもいいメンテナンス方法をご紹介します。

ヨギボーのリペアサービスを利用するとアウターカバーだけでなく、インナーカバーやビーズも含めて綺麗にメンテナンスしてもらえます。

販売店に持って行ってリペアサービスを利用してみてくださいね。

「だけど車もないし、お店に持って行くのは大変過ぎる…。」と思ったでしょうか?

私も車の運転が出来ないので分かります。そんなあなたのために、ヨギボーのリペアサービスは郵送で利用することも可能です。

送付用の梱包材も送ってもらえますし、送料を含めても新品を購入するよりも安いので、ヨギボーのメンテナンスにおすすめです

ヨギボーを持ち込みしてリペアサービスを利用  

  • リペアを実施している店舗にて、受付・お支払い
  • 店舗でリペアを実施
  • 受付店舗にて受け取り、という流れになります。

リペアサービスの店舗持ち込み価格一覧

ヨギボーのサイズと店舗に持ち込むときの値段の一覧表です。お持ちのヨギボーのサイズを確認してぜひご覧ください。価格は全て税込です。

  • Double…19,800円
  • Max…10,780円
  • Short…9,790円
  • Midi…9,790円
  • Pod…8,580円
  • Drop…8,580円
  • Lounger…7,480円
  • Bubble…7,480円
  • Mini…7,480円
  • Pyramid…6,380円
  • Hugibo…7,480円
  • Caterpillar Roll Long…7,480円
  • Roll Max…7,480円
  • Support…7,480円
  • Ottoman…6,380円

ヨギボーを郵送してリペアサービスを受ける  

  • カスタマーサポートセンターへ問い合わせ、受付・お支払い
  • 店舗から梱包材が送られてくる
  • 梱包材にヨギボーを入れて、店舗へ発送
  • 店舗でリペアを実施
  • ご自宅で受け取り、という流れです。

ヨギボーを郵送する時の片道の価格一覧  

ヨギボーのサイズと郵送するときの片道の値段の一覧表です。お持ちのヨギボーのサイズを確認してぜひご覧ください。価格は全て税込です。

  • Double…7,260円
  • Max…3,630円
  • Short…3,080円
  • Midi…3,080円
  • Pod…3,080円
  • Drop…3,080円
  • Lounger…2,420円
  • Bubble…2,420円
  • Mini…2,420円
  • Pyramid…1,980円
  • Hugibo…3,080円
  • Caterpillar Roll Long…1,980円
  • Roll Max… 1,980円
  • Support…1,980円
  • Ottoman…1,980円

一部、リペアのサービス対象外になるものもあるようなので、公式サイトをよく確認してからお店に持って行くことをおすすめします。

まとめ

  • おうちで洗えるのはヨギボーのアウターカバーだけ
  • アウターカバーを洗濯するタイミングはヘタってきた時
  • 洗ったカバーを1人で付けるときは洗濯バサミで固定しながらするとよい
  • どうしても気になる汚れは公式のリペアサービスが便利

生活を豊かにしてくれて、我々を駄目にするヨギボー。

カバーを装着するのが少しだけ大変ですが、普段の感謝を込めてきちんとお手入れしてあげたいですね。

時間が経って染みついた汚れは落ちにくいので、洗っても落ち切らない!ということにもなるかも…。

洗濯するたびによみがえるヨギボーでいてもらうためにも、こまめにカバーを洗濯しましょう!

タイトルとURLをコピーしました